1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

キーワードは「歩く」!最近の自転車の進化の方向がおかしい

これは改良なのか改悪なのか…あと名前被ってるよね。

更新日: 2016年07月11日

tozainanbokuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
49 お気に入り 26713 view
お気に入り追加

後輪が4本足「Walking Bike」

ペダルを漕ぐと、4本の“足”が動き、自転車を前進させる。足の動きは緻密に制御されており、常に2~3本の足が接地して本体を安定させつつ、前進させる仕組みだ。
足が前に戻る間、その足は宙に浮いた状態になるが、自転車自体が不安定になることはない。

ガシャガシャ!街で見かけたらガン見しますね

「Walking Bike」は、テオ・ヤンセン氏の「ストランドビースト」にインスパイアされた自転車。

米国のアーチスト&職人集団CARVによるWalking Bike製作プロジェクトチームによって製作された。「ストランドビースト」同様に不思議な、でも魅力的な、そしてむかでのような動きを見せてくれる。

「Walking Bike」は米国西海岸の都市サンタバーバラの夏のお祭り「Summer Solstice Celebration 2015」で初披露された。

このとき、「Walking Bike」に搭乗した女性は、およそ3.2キロの距離を軽々と歩いた(走った?)そうだ。

お尻痛くなりそう

移動の道具というよりはアートです。機構がすごい

この機構どっかで見た気がすると思ったら、風車くっつけてわしゃわしゃ動いてたアレかw この自転車、歩く!―タイヤのかわりに4本の“足”が取り付けられた「Walkin… nico.ms/nw2283441 #niconews

なるほど、こういうの好きだよ。 この自転車、歩く!―タイヤのかわりに4本の“足”が取り付けられた「Walkin… nico.ms/nw2283441 #niconews

自転車の上で歩くウォーキングバイク「Lopifit」

オランダの発明家Bruin氏はアウトドアが大好きだが、どうしても自転車に乗る事が嫌だった。
「せっかく外に出ているのに、なんでイスに座らなければいけないんだ?」と言う考えからある事が閃いたww

そう!「ランニングマシーンが走ればいいんだ!」。

最高速度は時速約24キロ。1回の充電で約2時間20分、距離にして約55キロの移動が可能。充電に必要な時間は約4時間。

「Electric Walking Bike」は現在市販化に向け、クラウドファンディングサイで出資者募集のキャンペーンを実施中。

出荷は2017年の2月を予定している。

なお人がベルトを蹴る力で動いているわけではないそうです。まさに走るランニングマシーン

自転車の上で足踏みして進む!「ウォーキングバイシクル」

歩くようにペダルを踏むことで前進する、クルマでもオートバイでも従来の自転車でもない「ウォーキングバイシクル」が発売されることになり、4月30日に記者発表会が開かれた。

自動車部品メーカーの片山工業が開発した、新しいコンセプトの乗り物だ。

ウォーキングバイシクルのコンセプトは、「歩くより速く、自転車よりも簡単に運転できる乗り物」。

安定性のある3輪構造で、歩くような動作をペダルに与えると、電動アシスト機能によってパワーが増幅され、スイスイと前進する仕組みになっている。

価格:29万円前後
カラー:ブリリアントレッド、もえぎグリーン、シャンパンゴールド、さくらピンク
発売日:7月予約開始、10月発売予定

足踏みで進む!「Me-Mover」

バッテリーも不要で、足踏みするだけでスイスイ移動できるセグウェイとキックボードを合わせたような3輪ビークル「Me-Mover」がKickstarterで出資を募っています。

ステッパーを踏むだけで進むことのできる自転車です。ジムのマシーンのようにステッパーを踏むことで、エクササイズをしながら移動できるという訳。

ステッパーの踏み込み方によって、歩く早さから、自転車ほどのスピードまで調節できるとのこと。

1





東西南北と申します。Twitterで話題の情報、アート、健康、ネットニュースなどまとめます。



  • 話題の動画をまとめよう