1. まとめトップ

7/7(木)七夕の日に永六輔さん死去 83歳。だけど、上を向いて歩こう。

大好きな永六輔さんが死去。永六輔さんに関する大好きな話を紹介します。

更新日: 2016年07月12日

0 お気に入り 519 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

h-kadowakiさん

放送作家の草分け的存在でタレント・作家の永六輔(えい・ろくすけ、本名永孝雄〈えい・たかお〉)さんが死去したことが11日、分かった。83歳だった。

東京・浅草出身。10代の頃のNHKラジオへの投稿がきっかけで放送作家の道へ進む。ラジオや草創期のテレビ番組に携わり、1961年から66年まで放送されたNHK「夢であいましょう」などの人気番組の脚本を書くかたわら、自らも番組に出演し、独特の早口なしゃべりで人気者になった。

本当に様々な分野で活躍。過去、子どもからの恋愛相談にはこう答えていた。

好きな人に告白する言葉を教えて (小6・女の子)という、相談に。

永先生:言葉は一番大切です。でも、好きな人に「あ、この子好きだな」とか「いい人だな」と思われるには、「おなべをいっしょに食べて同じものをおいしいと思う」、「夕やけを見て、両方が美しいなと思う」というような同じ感動を同じ時点で受け止めるのが一番効果があります。

例えば、「いただきます」とか元気な声で言っていると、それだけで「あの子いただきますって言ってるな。きっといい子なんだろうな」と思うじゃないですか。「あなたがすき」ですとか、「キミを僕のものにしたい」とか、「世界のどこかで待ってる」とか、そういうのはあんまり効果がありません。
「きれいだな、おいしいな、うれしいな」ということが同時に感じあえる環境が一番大事。だから、「好きです、嫌いです」という言葉ではなく、いい言葉を使っている子は好きになれる。「あの人ならこの言葉は好きだろうな」と思った言葉を何気なく使っているときの方がドキンとします。「あなたが好きです」というのは最悪な言葉です。

だから、いっしょの環境にいるときに同じ感動をする場面に出来るだけいっしょにいる。スポーツの応援でもいいです。そうすると、使いあっている同じ言葉にドキンとすることがあって、それが愛なんです。
自分でいうのもおかしいけど、ひとりでご飯を食べてておいしいことないです。ひとりで野菜を食べているときは本当にさみしい。やっぱり家族、好きな人といっしょのほうがいい。二人っきり、まずはふたりになること。きれいな言葉を使いあうこと、きれいなことに感動すること、ふたりで声をそろえて感動してください。
放送タレント 永六輔 先生

上を向いて歩こうも永六輔さんの歌詞です。

RT @mitsu_hey_325: @itoi_shigesato 上を向いて歩こうを聴きたくなりYouTubeを見てたら、このCMに辿り着きました。参加してるメンバーが豪華なのにビックリしたのと同時に永六輔さんの歌詞が心に沁みました https://t.co/XE9DxI

ご冥福をお祈りいたします。

1