1. まとめトップ

【悲報】安倍首相、「牛タンを輸出して皆さんの所得を増やします!」と宮城で演説※宮城県で牛タンは輸入品

原発の始末や東北震災の復興が全然進まない東北、選挙が来たので演説に来た安倍総理ですが、東北で自民の逆風が吹いてるのを知っていたのか、何度も足を運んでいます そこで失言をしてしまいました。

更新日: 2016年07月11日

1 お気に入り 317 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tinkonさん

農業票は当落を大きく左右するだけに、首相も重視。二十四、二十五両日は二巡目となる東北遊説に入った。宮城県多賀城市での二十五日の街頭演説では「宮城の『ひとめぼれ』(ブランド米)や牛タンを輸出するため、国が前面に立って支援する」とTPPという言葉は使わず、輸出で農家の所得を増やすと訴えた。

 安倍政権は昨年十一月、TPPへの不安を拭い去るため、農林漁業の強化策を柱とした「TPP政策大綱」を策定。さらに、自民党も参院選公約とは別に、初めて東北に特化した地方版公約をつくり「農業重視」をアピールする。それでも「農家は納得していない」(青森県農政連の担当者)と厳しい声が上がっている。

仙台牛タン
宮城県仙台市の牛タン料理は、「仙台牛タン」の名称で名物として知られている。庶民の料理から始まっているため、日本で最も格付け基準が高い超高級ブランド牛肉の仙台牛[2]が庶民の口に入ることはほとんどない。ただし、仙台牛を用いた高級メニューが一部に存在する。また、仙台市内のほとんどの牛タンを提供する飲食店では米国産(一部オーストラリア産)の物を使用している。

ほとんどを輸入品に頼る牛タンを、どうやって輸出するんでしょうか? 宮城県といえば牛タンと、発想がそこで止まってると取られても仕方ないかもしれません

<参院選>桜井充氏が4選 熊谷大氏ら破る 宮城

関西では自民党の圧勝でしたが、東北の支持は秋田以外で得られなかったようですね

1