ジョンは結婚し、ジェニーをもうけた。
しかし、ジェニーが1歳の時、ジョンは離婚し、ジェニーは母親に引き取られた。
その後、ジェニーはジョンと一切会う事なく育った。


成人したジェニーはアジア系の男性と交際し、2人の子供を生んだ。
母親となったジェニーは、父親の事を考えるようになり、
「子供たちに父親を会わせて上げたい」
と思うようになった。

しかし、1歳の時から会っていないジェニーは、もちろんジョンの居場所がわかるはずもなく、調べて捜すようになる。


やがてジョンの居場所を突き止めたジェニーは、30年ぶりに実の父親に会う事になった。
しかし、30年ぶりに会ったジョンにジェニーは、実の父親というより1人の男として見てしまった。
「普通の大人同士として会って話ししたら、正直お父さんというよりジョン、という感じだった」
とジェニーは後に語っており、懐かしいという気持ちや親子の情という感情は一切沸かなかった。

しかし、この感情はジョンも同じだった。
ジョンはジェニーとは実際2回 (どちらもジェニーが幼い時) しか会っていなく、目の前にいるのは実の娘というよりも、30歳の女性という実感だった。

その後、ジョンとジェニーは頻繁に連絡を取り合うようになり、家族として会うようになる。
だが、ジェニーはジョンを男性としか見ていなく、優しい人柄に強く惹かれるようになる。
また、ジョンもジェニーを美しく魅力的な女性だと感じていた。
お互い惹かれ合っている大人の2人が、恋に落ちるのに時間は必要なかった。
すぐに付き合うようになった2人は、再会から数週間後には性的関係となってしまう。


その後、関係を重ねた2人は互いに愛し合うようになり、一緒に暮らし始める。
この時、ジェニーは2人の子供を引き取って夫と別れ、ジョンは当時、結婚していた女性と別れる。
2人は南オーストラリア州で新生活をスタートさせ、ジェニーの2人の子供にジョンは孫とではなく父親として接した。


2007年、ジェニーがジョンの子供を妊娠する。
近親相姦により生まれた赤ん坊は、普通の赤ん坊と比べ出産時の死亡率が6倍も高くなるのだが、生まれてきた赤ん坊は問題なく生まれた。
生まれた子供は女の子で、名前はセレステと名付けられた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【禁断の恋】娘を愛した父と父を愛した娘に生まれた子供

オーストラリアにいる歳の離れたカップル。この2人、実は親子だった。2人は愛し合い、近親相姦を経て3人の子供に恵まれた。なんとも現実とは思えないお話。

このまとめを見る