1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

アニメ業界に興味がある人にオススメ!アニメーターが主役のマンガ!

アニメーターになりたい人必読!アニメーターが主役の漫画をまとめました。

更新日: 2017年04月13日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
188 お気に入り 57684 view
お気に入り追加

★『西荻窪ランスルー』 ゆき林檎

江田島咲、18歳。自分ひとりの力で生きていこうと周囲の反対を押し切り上京を決意。絵を描くことが得意だった咲はアニメ会社に無事就職できたが、そこで出会う大人たちに圧倒される日々。

そして「西荻窪ランスルー」って漫画面白いです。アニメの制作会社が舞台の働き漫画。絵も綺麗。

西荻窪ランスルー読了。この漫画凄く好き。アニメーターの泥臭さと苦労を描写に説得力があって、それでいて報われる瞬間を印象的に描いている。読後感が素晴らしい。良作に出会えた喜び

『西荻窪ランスルー』素敵な作品でした。そして、西荻窪のがぶりチキン。やビーフワークスなどが背景に描かれている。おもしろい。 pic.twitter.com/EACpaxKqcN

★『アニメタ!』 花村ヤソ

テープが擦り切れるほど観たアニメは、あたしの人生を変えた。技術ゼロの新人アニメーター・真田幸(19歳)が、0.1%の「才能」と、99.9%の「熱意」で、プロフェッショナルが集結するアニメ業界に挑む!!

『アニメタ!』というマンガが面白い。色々好きだけどまず指導先輩の富士さんがいい。厳しさと優しさの現実性が心地いい。作者の花村ヤソ先生は元アニメーターらしくて絵の線もきれいだし薀蓄も面白いけど私が好きなのはキャラ。

「アニメタ」1巻の表紙に惹かれて購入したが、面白いなこれ。 アニメ文化っていう馴染みの無い人からしたらオタク(っぽい?)文化なカテゴリーを、青春的な成長物語と"バクマン"の様に仕事の世界を丁寧に描くことで距離を縮めてる。 これ次の"バクマン"ポジションだと思う。

★『アニメがお仕事!』 石田敦子

夢追い、一緒の夢を歩んできた双子のアニメーター・イチ乃とニ太。挫折はある、それでも好きな「アニメの仕事」をこなしている二人の、アニメーター青春グラフィティー!!

アニメがお仕事!は石田敦子さんがアニメーターだった頃の体験などを元に暗いエピソードを明るい主人公の理想で跳ね除けようとする、石田敦子さんの生き様のような作品なのでお勧めです…

石田敦子先生の『アニメがお仕事』の7巻をようやく購入できた。 言葉にならない。 キャラが考えたり気付いたりする事にいちいち感動する。 pic.twitter.com/jueKJJCv84

★『凸凹アニメーション』 五十嵐正邦、宮島雅憲

締め切り寸前で超ピンチの新人アニメーター・沖口ひろゆき。容赦ない仕事の督促におののく彼の前に現れたのは、鬼の「制作進行」……ではなくて、美人で巨乳な新人スタッフ・篠塚さんだった!!

先週のマガジン読んでるけど「凸凹アニメーション」面白いね!!アニメの裏側を詳しく書いてくれるのは助かる!!全然知らない世界でこういうマンガ好きヾ(*´∀`*)ノ♪バクマンに似てるかもしれないけど1話目は良さげ。

凸凹アニメーションも待望の1巻! 毎週読んでて面白いし、何度も読みたいと思える。 篠塚さんは今年1位の可愛さかも知れないっ!

★『パラパラデイズ』 宇仁田ゆみ

↑そして月スピ公式サイトの下のほうに次号予告も載ってまして。 来月は「パラパラデイズ」です。 がんばりますー! pic.twitter.com/OMiQoZY4Ma

主人公・八嶋さんのお仕事は「アニメーター」。そんな彼が今、一番気になっているのは、チョコといちごの匂いがする原画」を毎回提出してくる「鹿子」さん。

宇仁田ゆみ先生の「パラパラデイズ」を読み返しているが、なんでこう宇仁田作品はコマが淡々と流れていくのに面白いのだろうか。どんな魔法だ。

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する