1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

めっちゃワクワク!未知の世界への冒険が楽しいオススメマンガ

宇宙、海底、地底、ファンタジー…たくさんの「未知」へと飛び込んでいく!ゲームっぽかったり憧れだったり、とにかくワクワクが止まらないマンガです。「宇宙兄弟」「百万畳ラビリンス」「蒼き鋼のアルペジオ」「地底旅行」「ヴィンランド・サガ」

更新日: 2016年09月04日

243 お気に入り 64271 view
お気に入り追加

宇宙兄弟/小山宙哉

宇宙飛行士を目指し、さらに宇宙で様々なミッションを達成するサクセスストーリー。主人公の兄弟がとにかく魅力的です。
未知の宇宙で、初めての試みの数々。宇宙飛行士だけでなく、オペレーター・メカニック・教官など、たくさんの人が手を取り合ってミッションを達成していく姿に感動&鳥肌です!

大きく異なった運命を歩んでいたふたりの兄弟。しかし、それぞれの未来が、幼少時代に交わしたある約束によって、動き出そうとしていた

ロケットの打ち上げ超かっこいいわ! 俺も生でロケットロード見てみたい! #宇宙兄弟 pic.twitter.com/pI7PGlFJVR

宇宙兄弟を同期から借りているのですが、なんとまあ、ロマンの詰まった漫画だこと!!!やはり漫画にはワクワクドキドキがないと!!!という感じで噛り付いてます

宇宙兄弟は本当に最高に面白いからオススメです。宇宙いいよー!ロマンがあるよー!夢があるよー!

百万畳ラビリンス/たかみち

目が覚めたら謎の建物の中、無限に広がる部屋また部屋、増殖するちゃぶ台、奇妙な徘徊者…と息つく暇もないファンタジー作品です。
一つ一つ検証しながら、法則を解き明かしていくゲーム感覚の攻略が見ていて楽しい。主人公に危機感がなく、読み手も軽い気持ちでいられるのかも。全二巻でさっくり読めます。

人と関わるのが苦手な礼香はゲーム会社でバグ探しのアルバイトをしていたが、ルームメイトの庸子と共に木造迷路に迷い込んでしまい!?

たかみちせんせー『百万畳ラビリンス』グチャグチャな構成の部屋が続いて行く絵がすごいなと思った。こういう現実離れしてる風景好きだな。また、なぜこんなことになっているかの説明があるとこもいい。ちょっとだけ映画『CUBE』を思い出した。 pic.twitter.com/RfXBUMrUjj

「百万畳ラビリンス」は映画「ランゴリアーズ」×漫画「ARIA」のネオ・ヴェネツィア×社宅アパートって感じ。吹きさらしの畳部屋や階段の突き当たりの浴槽、謎の書き置きのあるちゃぶ台とかワクワクした〜! pic.twitter.com/ECvhQ9zcIP

百万畳ラビリンス上下巻読了! 積み本にしていたのが勿体無いと思うほど面白かったです!ゲームのバグを駆使して謎世界を攻略する気持ち良さが良いですね!のめり込んで読んでいました(・∀・) pic.twitter.com/p3zs4UQTJY

百万畳ラビリンス上を読んだ。部屋の描写がとても良い。昔何回か夢に出てきた場所を彷彿とさせる。 巨大和室ラビリンスで繰り広げられる女性2人の探索。目的は?脱出方法は?謎の生物の正体は?謎がたくさんあってワクワクする。下巻も楽しみ!!

蒼き鋼のアルペジオ/ArkPerformance

「霧の艦隊」と呼ばれる、人の姿にもなれる戦艦たちと、制海権を取り戻そうとする人間たちの戦いを描いた作品。
じっくり海底に潜みながら戦略を練る潜水艦バトルも魅力ですが、徐々に人間臭くなったり、見下していた人間に学んでいく戦艦たちの思考の変化も見所。互いに未知な戦艦と人間、コミカルな言動にも注目です。

「霧」の潜水艦イ401に乗り込んだ千早群像とその仲間達は、イ401の人体化(メンタルモデル)のイオナと共に、霧の艦隊に戦いを挑む……究極のSF海洋戦記

アルペジオ原作漫画の方も面白いなー。アニメで描かれてないシーンや、逆に原作にないシーンがアニメにあったりするので両方合わせて楽しむと幸せ。Kindle版全巻購入したった pic.twitter.com/2yKYTJpJqq

今までアルペジオのイオナはアニメ版がヒロイン化されまくってると言ってきた。これを見たら漫画未読者にも伝わるだろう。 pic.twitter.com/3ZHS1nPvS5

年末年始の配送トラブルで機会を逃してた『蒼き鋼のアルペジオ』10巻の感想! ラストでうわあああって声でた! アニメコンゴウさんのデーススターやりすぎじゃね? な自分甘かった。コミック版の旗艦装備が斜め上を行ってて変な笑いでたわww pic.twitter.com/TasZ0qzpmy

「蒼き鋼のアルペジオ」 今まで気にはなってたけど読んでなかった作品読んでみた。…見事にツボです。人工知能が学習して人間らしい思考をし始めるとか月並みですが大好きです。

地底旅行/ジール・ヴェルヌ 倉薗紀彦

アイスランドの山の中を、地球の中心まで降りようと進む男たちの物語。いかにもビームコミックです。
明暗くっきりとした描写に、道へのロマンと命の危機という葛藤がありありと見えます。しかし危機を前にしてなお、狂気に駆られたように進む男たち…こんな人たちが、歴史を塗り替えてきたのかも。

1 2





酔いどれキツネさん

エンタメ全般を扱う仕事をしています。特に漫画は常に面白いものや最新作をチェックしています。
しばらくお休みします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう