1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makkarockさん

とりごえ しゅんたろう、1940年3月13日
日本のテレビタレント・ジャーナリスト。
鳥越製粉の創業者・鳥越彦三郎の曾孫

主な来歴

福岡県浮羽郡吉井町出身。久留米大学附設高等学校卒業。
1958年京都大学文学部心理学科入学、転科し史学科国史学専攻卒業。
1965年、毎日新聞社入社。
1968年10月、週刊誌『サンデー毎日』編集部に異動。
外信部テヘラン特派員の時に1984年〜1985年イラン・イラク戦争の戦場報道を行う。
1988年4月、サンデー毎日編集長。
1989年8月に毎日新聞社を退職
1989年10月、テレビ朝日『ザ・スクープ』の司会に就任。
2003年、関西大学社会学部の教授に就任。
2005年4月5日、『マスコミ九条の会』結成。
2005年10月3日、直腸癌であることを告白。
2006年5月、インターネット新聞『オーマイニュース』日本語版の初代編集長に就任。
2005年10月3日、癌が肺に転移。
2007年1月に左肺を一部切除、同年8月には右肺も手術。
2009年2月9日、癌が肝臓に転移。10日に切除手術。
2009年3月27日、NPO法人『がん患者団体支援機構』の3代目理事長。
2016年7月12日、東京都知事選挙に、出馬表明する。

受賞歴

2001年「桶川ストーカー殺人事件」日本記者クラブ賞受賞。
2004年、「ザ・スクープスペシャル」が第41回ギャラクシー賞報道活動部門大賞受賞。
2007年、「第二回『ダンディ大賞2007』」の文化人部門で1位
翌2008年の第三回でも、同部門で1位。

政治に関して

2008年7月、頻発する無差別殺傷事件について、「日本の社会格差が広がり、ワーキングプアが増えている。小泉構造改革の名の下に進められた変化が、こういう犯罪を産み出している」という見解を示した。

2009年7月1日、民主党・鳩山由紀夫代表(当時)のいわゆる「故人献金」問題の報道において、「秘書の浅知恵でしょう」との見方を示した。

2010年1月18日、民主党の支持率低下はマスコミのせいであるとし、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体を巡って元秘書3人が逮捕された陸山会事件の報道において、小沢批判をするマスコミは小沢に疑惑をかけている検察から情報をリークされており、「私たち世論は操作されている」と主張。

1月21日、小沢が疑惑を持たれていた土地購入資金の4億円を、「小沢側が3億円は父親の遺産、1億円は妻から借りたもので4億円は自分で持っていたもの」と主張していた件について、鳥越は庶民には4億は高額だが、銀行がつぶれたら1000万円しか返ってこないため、お金持ちはタンス預金をするものであると主張。

4月28日、小沢一郎について東京第5検察審査会が「起訴相当」の議決を行ったことに対して、「今回の議決を読むと、『市民目線』とか『市民感覚』とか書いてあるけど、証拠とはあまり関係なく、感情的、情緒的な判断」。

政治に関する世論調査について、「毎日新聞の記者時代の経験ですが、調査結果の発表前に選挙の担当者が数字を調整するのをしばしば見てきた。担当者が取材で掴んだ選挙区情勢と違うという理由です。そういった裏事情を知っているので、私自身は世論調査の数字を疑っています」と述べている。

2012年12月 第46回衆議院議員総選挙の結果について「自民勝利は、大手メディアの選挙予測がもたらした」。大手メディアは連日報じる世論調査結果によって「小沢一郎は悪人」と印象操作してきたと指摘。また1000兆円の国の借金や原発、尖閣諸島、在日米軍基地問題はすべて自民党単独政権時代のツケであり、メディアがその負の遺産に触れないことを問題視。勝ち馬に乗って安倍政権批判を控えている新聞やテレビも、1年も経てば手のひらを返したように口汚く罵ると予想している。

2012年11月に日本未来の党が結成された際は同党を支持し、「びわこ宣言」の賛同人に稲盛和夫、坂本龍一、茂木健一郎、菅原文太と共に名を連ねた。

日本未来の党が消滅した後は民進党を支援。
2016年(平成28年)には、4月の北海道補選で敗れた池田真紀候補の応援演説や、7月の参議院選挙長野選挙区で当選した杉尾秀哉の応援演説を行うとともに、民進党のポスターに登場している。

問題視された言動

阪神淡路大震災の際、ポケットに手をつっこんだまま、現地からレポートして非難された。

2003年から2004年には日本損害保険協会、2007年には保険会社アフラックのCMに登場。ジャーナリストの神保哲生は「その企業が問題を起こした場合、ジャーナリズムそのものにも傷をつける」、浅野健一は「現役のジャーナリストがコマーシャルに出るなんてあり得ないこと」と指摘。CM出演について鳥越は「保険には公共性があり、世に広まることに意味があると思うので出演した」とコメントしている。

出典日刊サイゾー

オーマイニュース元社員の証言では、廃刊に至った原因として「初代編集長の鳥越俊太郎氏の責任が大きくオーマイニュース創刊の足を引っ張った

先祖詐称問題

鳥越俊太郎氏の親戚が提供した家系図にもとづき、その祖先は「戦国大名・大友宗麟の家臣、鳥越興膳」であると紹介していた。

鳥越家18代当主、鳥越光氏(78)は「興膳はうちの先祖です」と放送内容を否定。俊太郎氏の一家は近所の住民であり、偶然、姓が同じだっただけで、血縁関係はない。

都知事選の主張

スキャンダル

「『女子大生淫行』疑惑」と題する記事が、21日発売の「週刊文春」(7月28日号)に掲載されることがわかった。

報道陣
「週刊誌で報道が出るようだが、事実関係はどうなんですか」

鳥越
・・・・・・・。

報道陣
「一言だけでも」

1 2