1. まとめトップ

普通の高校より英語力あがるかも!?【英語・英会話の勉強ができる通信制高校・サポート校】

もはや英語が話せるのは当たり前の時代、通信制高校やサポート校でも、英語や英会話の教育に力を入れている学校は多くあります。英語重視のカリキュラムはもちろん、ネイティブスピーカーの教師がいたり、留学をサポートしてくれたりと、英語や英会話の勉強ができる学校・コースをまとめました。

更新日: 2016年07月28日

kousotsu99さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 3016 view
お気に入り追加

通信制高校・サポート校は英語学習に向いている!!

もはや英語が話せるのは当たり前の時代。全日制高校同様、通信制高校やサポート校にも英語教育に力を入れている学校がたくさんあります。

単に英語や英会話の専門コースを持つだけでなく、ネイティブスピーカーの教師がいたり、留学をサポートしてくれたりと、その内容も実に多彩。

自由度が高く、英語重視のカリキュラムを組めるという点では、全日制高校以上に英語学習に向いているともいえます。

左は、下で紹介している中央アートアカデミー高等部「国際コミュニケーションコース」の時間割例。1週間に14コマもの英語関連の授業があり、高校卒業資格取得のための勉強もしながら、英語力を重点的にアップさせることができます。

【基礎からみっちり!初心者~中級者も安心の学校・コース】

これから英語は不可欠だとわかってはいても、「英語に自信がない」「基礎からしっかりやりたい」という人も多いはず。通信制高校・サポート校には、そんな人にぴったりのコースも。もちろん大学受験にも役立ちます。

コミュニケーションとしての英語を楽しく学び、グローバル思考で考える力を養います。

ネイティブ講師による体系的なカリキュラムで、英語を通じてコミュニケーション力を高めます。

大学入試コースと併修しながら、国際コミュニケーションコースの授業に参加すれば、2つのコースの相乗効果で学力アップが望めます。

授業がすべて英語で進められる「English Conversation Class」や、実用英語技能検定や TOEFL Junior Comprehensive を活用して「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく育成する「4技能試験 サポート講座」も。短期留学も実施。

英語の基礎学習や日常英会話などを取り入れながら「読む・書く・話す・聞く」の4技能を習得していくので、英語力をバランスよく身に付けることが可能です。

主に以下の資格やスコア取得を目指しています。
実用英語検定3級・準2級・2級
TOEIC450点~500点代(大学推薦や就職活動時に所有していると有利になります)
TOEIC Bridge(TOEICよりも易しく、初級学習者向けのテスト) 110点

授業は少人数制。「週5通学」「週2通学」「在宅」の3コースが選べ、個人の学習スタイルや進度に合わせて英語スキルを学べます。

英会話スクール「AEON(イーオン)」と提携。「ルネ高生 特別割引価格」でレッスンを受講していただけます。

大手英会話スクール「AEON」と提携しているため、一般英会話や留学前準備、資格取得やTOEIC対策など、目的に合ったコースを全国に約250校あるイーオンで受けられます。

高校科目の英語に加えて、英語圏の文化や実践的な英語に触れ、グローバル社会で役立つスキルを身に付けていきます。

知識習得や学習のための英語学習が目的ではなく、 外国人とのコミュニケーションを取ることを目的であり、意訳など実践的な英語力を身に付けるカリキュラム

英語を使った仕事だけでなく、ホテル・観光業や、海外を舞台に仕事をする職業に就くことを目的とします。

提携教育機関であるヒューマン国際大学機構との連携により、海外の大学はもちろん、国内私立大学への進学にも対応可能だそう。

英語は好きだけど苦手な人、英語は苦手だけどうまくなりたい人、もう一度きちんと英語をやりたい人、英語に興味があり、将来留学してみたい人、などを対象に【国際コース】をスタートしました。

週2回(各50分)のネイティブスピーカー・日本人講師による英会話と英検およびTOEFL対策用授業

「基礎」(全くの基礎から始めたい人)、「中級」(対象:英検3~4級レベルの人)「上級」(対象:英検準2級~2級レベルの人)の3つのコースがあり、中上級者にも対応可能です。

【すでに英語が得意なら!中~上級者にも対応する学校・コース】

すでに英語が得意で海外留学などを視野に入れているなら、より本格的な留学向けのコースを選択する方法も。もちろん初心者にも対応しています。

1 2 3





kousotsu99さん

子どもの教育や進路には、環境や状況に応じていろんな選択肢があってもいいはず。固定観念や既存の価値観にとらわれない、多様性のある選択肢(教育論・進路・学校選びなど)をまとめていきます。