1. まとめトップ

秒速で1円を稼ぐとどうなるのか考察してみた

いったい年間でいくらになるのか?税引き後の手取りまで思考実験してみました。

更新日: 2016年07月13日

1 お気に入り 4094 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1円とは

一円硬貨(いちえんこうか)とは、日本国政府発行の貨幣であり、額面1円の硬貨である。日本で流通している硬貨の中で最も累積の製造枚数が多い[1]。一円玉(いちえんだま)とも呼ばれる。

1秒1円稼ぐとしたら1時間ではいくらになるのか?

1時間を分で表すと60分になります。
そして1分は60秒です。
ということは60秒が60回あると1時間になるということです。
よって60秒×60回=3600秒です。

つまり秒速で1円を稼ぐと1時間に3600円稼げる

1秒1円稼ぐとしたら24時間ではいくらになるのか?

1日は24時間ですから、1時間=60分 24時間=60分 60分×24時間=1440分 で一日を分に直すと1440分

これを秒に直すと、1分=60秒 1時間=60秒×60分で3600秒 この3600秒に24時間をかけると86400秒になります。

答え 1日は1440分 秒では86400秒です。

秒速で1円を稼ぐと24時間で86400円稼げる

1秒1円稼ぐと年収はいくらになるのか

一年を365日とするなら
31536000秒
一年を366日(閏年)とするなら
31622400秒

もし、正確に出したいのなら、
一年間は太陽暦では
365日5時間48分46秒

なので
31556926秒
となります。

1秒1円稼ぐと1年で31556926円
およそ年収3155万円!

年収3000万円の暮らしはどういうものなのか?

住宅については、ほとんどの人が賃貸には住まずに、交通機関の便利な都心から30分以内の駅に近い場所で、敷地は周辺の住宅に比べて広いですが、特別大きな家に住んではいないようです。
車に関しては、1000万円以下の車が多く、現在では国産の高級車も高級外車とあまり金額的に違わないこともあり、その持ち主の好みによって車種を選んでいるようで特に目立った車に乗っている訳ではないようですね。
普段の買い物は、特に普通の方と違うところもなく、スーパーで買い物をしますが、勿論、高級スーパーやデパートの地下(いわゆるデパ地下)で買うのは週に数回あるようです。
決定的に違うところといえば、週に何度か家事のサポートサービス、つまりお手伝いさんを利用しているようです。

年収3000万円の税金はどうなるのか?

所得税では累進課税制度がとられているので、1800万円を越えた部分に関して40%課税されます。

仮に年収3000万円で計算しますと、
195万円までは税率5%なので9.75万円の課税
195~330万円までは税率10%なので13.5万円の課税
330~695万円までは税率20%なので73万円の課税
695~900万円までは税率23%なので47.15万円の課税
900~1800万円までは税率33%なので297万円の課税
1800~3000万円までは税率40%なので480万円の課税となります。
合計すると920.4万円の課税となります。
そうしますとおおよその手取りは2080万円となるので、手取り1800万円は間違いではないと思います。

なんと手取りは1800万円に!

秒速で1円を稼いだまとめ

秒速で1円を稼ぐと手取りは1800万円になるという結論がでました。
またいろんな思考実験をしたいと思いますので、よろしければ、
お気に入り登録をお願いします。

1