1. まとめトップ

ファンの期待を裏切る「王子の私生活」日本ハム・斎藤佑樹 汚れたハンカチ

プロ野球北海道日本ハムの斎藤佑樹投手(28)がベースボールマガジンの池田哲雄社長から高級車ポルシェを提供されたと週刊文春のネット速報で報じられた。

更新日: 2016年07月14日

3 お気に入り 36906 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kageyasuさん

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(28)が、出版社社長からポルシェなどを提供されていたことがわかった。斎藤はノーコメントだったが、提供側の出版社社長が「週刊文春」の取材に認めた。

斎藤は出版社ベースボール・マガジン社の池田哲雄社長に「鎌ケ谷の二軍練習場に通うための車が欲しい」とおねだり。価格が2000万円を超えることもある高級車ポルシェのカイエンを希望したが、マカンの新車に落ち着いたという。マカンも価格は最低でも800万円を超える。

北海道日本ハムファイターズの二軍の本拠地で、主にオープン戦やイースタンリーグの公式戦が開催される。
千葉県鎌ケ谷市中沢459
両翼 100m  中堅 120m
開場 1997年
収容 2,400人
http://www.geocities.co.jp/stadium_arukikata/stadium/kanto/kamagaya/kamagaya.htm

おねだりされた車種は2000万円以上するという高級車「ポルシェカイエン」だったが、最終的に800万円以上する「ポルシェマカン」に落ち着いたという。

『お前には頑張ってもらわなけりゃならないから、俺が払ってやる』

池田哲雄社長は創業者・池田恒雄の実の息子。野球だけでなく、社団法人日本ボウリング場協会の理事を務めるなど、スポーツ界との繋がりが太い。

池田社長は、取材に「斎藤から『ポルシェが好きなんで』と言われてね。『お前には頑張ってもらわなけりゃならないから、俺が払ってやる』と」と認めた。

他にも社や池田社長が所有するマンションを提供したこともあったという。

野球選手の金品授受を巡っては、過去に桑田真澄、水野雄仁らが処分を受けたこともあり、日本ハムの対応が注目される。

2016年7月14日 発売
独占スクープ 
ファンの期待を裏切る「王子の私生活」斎藤佑樹 汚れたハンカチ
「ポルシェ800万円」「高級マンション」おねだり

出版社社長の“利益供与”に父は「舛添さんになってしまう」

「週刊文春」7月14日発売号では、池田社長によるポルシェ以外の利益供与についても詳しく報じる。

皮肉にもポルシェおねだり問題が発覚した13日、斎藤佑樹投手は京セラドームでのオリックス戦に先発投手としてマウンドにあがっています。

今回の問題をうけ、球団側(日本ハムファイターズ)の対応に注目が集まっていますが、ツイッターでは「今日が最後のマウンド」「ラスト登板になるかも」といった声もあがっています。金銭授受問題が発覚し、斎藤投手には何らかの処分が下される可能性があります。

斎藤佑樹、会社社長から高級外車&マンション供与発覚で「懲役刑」の可能性浮上

斎藤選手は池田社長から財布やバッグなどをプレゼントされていたほか、都内のマンションを無償提供されていたこともあるようだ。この一連の利益供与について、法的な問題はないのだろうか。弁護士法人ALG&Associates執行役・弁護士の山岸純氏に聞いた。

1