1. まとめトップ

後輩都議を自殺に追い込み小池百合子いじめをする都議会自民党のドン内田茂幹事長。

東京都知事選が行われる中、猪瀬直樹元知事をはじめ多くの方々から権力の中枢にいる腐敗の根源とされている内田茂幹事長。これまでおこなってきた陰湿ないじめや嫌がらせについてまとめました。

更新日: 2016年10月26日

gattuokさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 147477 view
お気に入り追加

舛添問題でも話題に出てきた内田茂都議会議員を知っているだろうか?

都議会議員7期目の大重鎮 内田茂

小池百合子外しの命令書。

内田茂の陰湿さがこれだけでもわかるが、同調する石原伸晃らにも批判が高まっている。

家族や親族にまで強制させる命令。信じられない嫌がらせをする信じられないハラスメント人間にこれまで泣かされてきた人の数は多い。

樺山都議の自殺。追い込んだ張本人は内田茂

今から5年前にと議会議員である樺山卓司氏の自殺がありました。都議会議員の自殺として当初は大きく報道されたモノの、内田茂らが握りつぶし、メディアに圧力をかけて報道の鎮静化がなされました。当時関わっていた記者は誰もが樺山氏の遺書に内田茂憎しと書かれていることを知っていました。

都議の樺山卓司氏が自宅で自殺か

2011.7.1 18:12


 東京都議会議員の樺山卓司氏(63)=葛飾区選出、自民=が1日未明、同区内の自宅兼事務所で死亡していたことが、警視庁葛飾署などへの取材で分かった。同署は、自殺の可能性が高いとみて調べている。

 同署などによると、同日午前3時ごろ、樺山氏が自宅兼事務所の2階で頭にポリ袋をかぶって倒れているのを家族が発見し、119番通報。病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 都議会事務局などによると、樺山氏は、日本大学在学中には民族派学生組織・全日本学生評議会を結成。葛飾区議を3期務めて、平成5年に都議に初当選、5期目だった。

内田茂都議に対する恨みが書かれた殴り書きの遺書・・・ 内田茂は樺山都議本人だけでなく、家族や親族までに及んで嫌がらせをしていた。

樺山卓司都議会議員とは

樺山卓司
かばやま たかし
昭和22年8月21日生まれ(団塊世代のド真中)
都議会議員(葛飾区選出)

柴又小学校卒業・寅さんの後輩 桜道中学校入学・卒業 専修大松戸高校入学・卒業 日大法学部政治経済学科卒業

・昭和58年、葛飾区議会議員に当選(3期)
・平成5年、東京都議会議員に当選
・総務生活委員長・財政副委員長・公営企業会計決算特別副委員長・都議会自由民主党副幹事長・経済港湾委員長・都議会自由民主党第・51代政調会長等を歴任
・平成17年7月、東京都議会議員選挙にて、26,447票を獲得して4期目当選 直ちに東京都監査委員、併せて全都道府県監査委員連合会会長に就任、平成17年秋の褒章にて藍綬褒章受章

趣味:読書(典型的な乱読。活字のない世界では生存不可能)
特技:声帯模写。その他、人を楽しませることなんでも。柔道5段

家族:妻、京子主婦、嫁、妻、母、秘書兼務のマルチ女
長女、いづみ一男一女の母で奮闘中
次女、めぐみ元気印の若妻・お祭り大好き女
猫、とみお自分は人間と思っている変な猫

地元葛飾区でも評判の良い、親しみやすい都議会議員でした。しかし、曲がったことがきらいで、頻繁に内田茂幹事長と衝突してしまっていたようです。

石原伸晃も怖くて反発できない権力者

猪瀬直樹の暴露によって次々と明るみに出る悪行。

真っ黒な首都東京からブラック企業が消えるわけがなかったのである。

最終的に都知事選で負けたことで引責辞任となりましたが、9月からの都議会で小池百合子氏との全面対決は免れず、今後の動向にも注目が集まっている。

その他メディアが報じない注目の政治動向

1





gattuokさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう