1. まとめトップ

【画像大量】徳島県の心霊スポット&廃墟まとめ【永久保存版】

徳島県の心霊スポット&廃墟を一挙に紹介します!

更新日: 2016年11月06日

0 お気に入り 8621 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tensyokuさん

全国の心霊スポットまとめリンクが出来ました↓

徳島県の心霊スポット&廃墟まとめ

土釜

【総合評価】★★
【所在地】徳島県美馬郡つるぎ町

貞光町と一宇村の境に位置する奇岩の渓谷。「どがま」と読む。
物凄い勢いで淵に水を落とす滝の周辺は独特の風貌をしており、滝のすぐ横まで降りることが出来る。
滝壺に身を投げる自殺者がおり、水中にいる霊が体を引きずり込むので死体が上がってこないそうだ。
滝壺は「一の釜」から「三の釜」まであり、釜に形が似ている事から土釜の名が付いたという。

旧東山トンネル

【総合評価】★★
【所在地】徳島県阿南市新野町

旧東山トンネルといえば京都府のもの(花山トンネル)が有名だが、
徳島県にも同名の心霊スポットが存在する。
阿南市の橘町~新野町を結ぶ旧隧道で、夜に行くとゴツゴツした壁が一斉に人の顔に見えるそうだ。

母子の墓+保瀬大崩壊の碑

【総合評価】★★
【所在地】徳島県海部郡海南町

(中略)愛しき吾子の頭に鍬を振り下ろして殺し、吹き出す鮮血を口に含んで天に向かって吐き、
「保瀬は野となれ、山となれ。
わが死後50年にして保瀬を潰滅させる。そして100年は人が住めぬ様にしてやる。」
吾子の遺体を抱いて入水自殺を遂げた凄まじいお杉の怨念と命を賭けた復讐は保瀬部落を潰滅させたといわれている。

上記は海南町保瀬に伝わる話の一文のようだが、町には呪いのモデルになったお杉・お玉母子の墓がある。
保瀬大崩壊とは明治25年(1892)年に保瀬山の中腹が響音とともに崩壊した現象。
この保瀬の大崩落を起こしたのが上記の母子の祟りであると、ある書籍で発表されたようだ。
命日には必ず母子の幽霊が保瀬の川辺に立つという。

ホテルニュー鳴門

【総合評価】★★(★)
【所在地】徳島県鳴門市瀬戸町堂浦阿波井

鳴門スカイラインの山頂近くにある廃ホテル。施設の前に瀬戸内海国立公園の看板がある。
県内では有名な心霊スポットで、写真を撮ると1枚は何かが撮れる、動画を撮影すると霊が映り込む、という噂がある。
物理的にも恐怖のスポットであり、崖際にある建物なのに傷み具合が激しい。
割れた窓から外に落ちたらタダでは済まないだろう。
稲川淳二の恐怖の現場でも収録されたそうだ。

大阪峠

【総合評価】★★
【所在地】徳島県板野郡板野町

徳島県~香川県の県境にある峠。心霊スポットとして知られる。
工事の時に多くの殉職者出たらしく、道路わきには無縁仏や地蔵尊が残っているそうだ。
地蔵に出くわしたら数えてはいけないという話がある。
首なしライダーや女性の幽霊、幽霊車、カーブミラーに写る幽霊などの報告も上がっている。

1