1. まとめトップ

WBC元世界王者の井岡弘樹も不妊治療していた!?男性不妊だった!?

井岡弘樹さんが男性不妊を乗り越えて子供を授かりました!男性不妊についてまとめました!

更新日: 2016年07月14日

0 お気に入り 2639 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mqsk0zさん

不妊治療内容と妊娠、出産までの経緯

WBC元世界王者の井岡弘樹さんは男性不妊が発覚し、不妊治療したさきに体外受精で子宝に恵まれたそうです。

さらに素晴らしいところはあえて自分が男性不妊であると公表し、世の中に同じように頑張っている不妊の男性とともに努力をしていったところではないでしょうか!?

特にまだまだ男性不妊に関してはその患者数に比べて圧倒的に情報不足と言われています。
そのような中、情報を公開された事は男性不妊業界にとって大いに追い風となったはず!

人工授精2回、体外受精1回の経験がある井岡弘樹さん!

そんな井岡弘樹夫妻は2人で不妊治療をされたそうです!

結果的に子宝に恵まれましたが不妊治療としては人工授精2回、体外受精1回という不妊治療をされていたようです。

不妊の原因は!?

子供がなかなか授からず喧嘩することもあったようです。
奥様に原因があるのかと思い、不妊治療を進めていくと原因は奥様ではなく井岡弘樹さんご自身だったそうです。

原因は「乏精子症」だった!?

世界チャンピオンになるには想像を絶するほどのトレーニングが必要です。
減量や厳しい練習の結果、身体を痛めつけていったため現役引退するころには造精機能に影響が表れほぼ「乏精子症」だったそうです。

不妊治療の内容・方法は?

人工授精2回、体外受精1回を行い、最終的に体外受精にて妊娠に至りました。

乏精子症の為、井岡弘樹さんの精巣から精子を取り出し、奥様の卵子と体外で受精させ奥様の子宮に戻して妊娠したのです。

井岡さんは出産に立ち会い、インタビューでこう残しています。

自然妊娠で授からなかったけどやっとの思いで赤ちゃんを抱くことができた喜びは何倍もの喜びで何倍も大切に大事に育てたい

そして自分と同じように苦しんだり悩んでいる不妊治療をしている人の励みになればと思って取材を受けたそうです。

不妊治療というと、どうしてもネガティブなイメージが先行してしまい、情報が公にならないことが多く、特に男性不妊に関してはまだまだ情報が少ないのが事実です。

そのような中、井岡さんが全てを公にし、情報を公開しながら同じように苦しんだり悩んでいる不妊治療をしている人の応援をされたことは、どれだけの方の励みになったことでしょうか。
ぜひ、今後は奥様とお子様で幸せな家庭を築いていってほしいです。

1