1. まとめトップ

【画像大量】高知県の心霊スポット&廃墟まとめ【永久保存版】

高知県の心霊スポット&廃墟を一挙に紹介します!

更新日: 2016年11月06日

11 お気に入り 64703 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tensyokuさん

全国の心霊スポットまとめリンクが出来ました↓

高知県の心霊スポット&廃墟まとめ

足摺岬

【総合評価】★★★
【所在地】高知県土佐清水市足摺岬

高知県を代表する観光地であると共に、自殺の名所としても有名な場所。
自殺スポットとして有名になったのは田宮虎彦の小説「足摺岬」に拠る所が大きいと言われているが、
「南方にある浄土(あの世)へ渡る」という「補陀洛信仰」がこの小説のモデルである。
また、「完全自殺マニュアル」にも死に場所候補として挙がっている。
岬では血だらけの顔をした男や白い服を着た女性の目撃談が多い。
近くには廃ホテルもあるようだ。

浦戸大橋

【総合評価】★★(★)
【所在地】高知県高知市

浦戸湾にかかる1480mの橋。歩道も併設されている。
自殺スポットとしても有名で、現在は返し付きのフェンスが設置されている。
が、登ろうと思えば登れるようだ(落ちたらほぼ死ぬので注意)。
そのため自殺者の霊を目撃したという話が多く、昼間でも現れるそうだ。

長渕小学校(吾川村立長渕小学校)

【総合評価】★★
【所在地】高知県吾川郡仁淀川町大尾

吾川郡仁淀川町(旧・吾川村)にある廃校。心霊スポットとしても知られる。
1955年に名野川第二小学校から改称、1980年名野川小学校へ統合となり閉校した。
栽培プラントとして利用されていたらしいが、それも放置されているようだ。
一階の音楽室に霊が出るという噂がある。

見返り橋

【総合評価】★
【所在地】高知県香美市土佐山田町

この橋では決して後ろを振り返ってはいけない。
夜中に橋の途中で後ろを振り返ると、茂みの中から和服の女性が現れ、身体を引きずるようにして走ってくるらしい。
他にも橋の下から白い手が出てくるといった噂がある。
長い髪の女性を見た、帰り道で事故に遭ったという話もあり、いずれも振り返ったと報告されているようだ。

スカイレストニュー室戸

【総合評価】★★★
【所在地】高知県室戸市室戸岬町

廃墟探索家の間でも知られる物件で、高台にあるため絶景を眺める事が出来る。
奇抜な構造をしているせいで位置関係が把握しづらく、訪れるたびに発見があるそうだ。
人の気配がした、声が聞こえた等の噂が広がった事から心霊スポットとしても認知され出した。
有名になってからは内部が更に荒らされており、アーティスティックなコンクリートの固まり、といった建物に成り果てている。

太陽の丘(サニーヒルズ)

【総合評価】★(★)
【所在地】高知県吾川郡いの町大内

吾川郡いの町にあるレジャー施設跡。1970年代半ばにオープンした。
分譲別荘地を兼ねた広大な施設だったが、1999年頃に閉鎖。広い敷地の分自然の侵食も早く、
様々な建物が野となり山となっている。

ヴァンガード竜串

【総合評価】★★★(★)
【所在地】高知県土佐清水市下川口

太平洋を眺める小高い丘の上に佇む6階建ての大型廃ホテル。
昭和48年に竜串(たつくし)ハイランドホテルという名称でオープンしたようだが、昭和末期に閉鎖。
平成に入って再びヴァンガード竜串としてリニューアルオープンするも、わずか2年で閉鎖されたそうだ。
心霊的な話では、ずぶ濡れの女や真っ青な男の霊、ガラスに張りつく女性の霊が目撃されている。
なお、ヴァンガードとは主に「前衛的な」という意味で使われる。

1