1. まとめトップ

スーツが雨に濡れたら必ずやっておきたい3つのこと

大雨の中、突然雨が降り、スーツが濡れてしまうことも。スーツが濡れた時にどうすればよいのか紹介します。

更新日: 2018年08月11日

4 お気に入り 26745 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

meigen100さん

突然の雨で、スーツがびしょ濡れになることはよくあります。

対処の仕方によってはスーツが駄目になる事も・・・

豪雨の中外回りしてスーツもパンツもびしょ濡れなのに予約ノルマ取るまで帰れないとか地獄

一番やっていけないことは?

一番やってはいけないのは、帰宅後に脱いだスーツをそのままクローゼットにしまうこと。密閉された場所に、濡れたスーツを入れてしまうとカビの原因になることがある。さらに濡れたスーツを他のスーツやジャケットの間に押し込むと、妙なシワができることもあります。

どうすればよいのか。スーツが濡れた時にやるべきことを紹介。

①ハンガーに掛ける

水滴を落としたあとは、ハンガーにかけます。湿気がこもったままだと他のトラブルの原因になるので、風通しの良い場所に干しましょう。このとき目立ったシワを伸ばしておくと、きれいに乾きます。

ハンガーにバスタオルをかぶせると、表の水分ばかりでなく、内側にこもる汗などの水分までバスタオルが吸い込み除去できる効果があります。

最低限してほしいこととして、ハンガーに掛けるということが挙げられます。スーツを脱いだ開放感を味わうのもいいですが、床に脱ぎっぱなしにしているとスーツはどんどん型崩れを起こしてしまいます。特に、雨に濡れたまま放置してあると、カビの温床になってしまうかも…。脱いだらすみやかにハンガーに掛けるようにしましょう。

②最低限の水分を取る

濡れたスーツは、タオルやハンカチなどで拭きたくなりますが注意が必要。布でスーツをこすると、摩擦によって生地を痛める原因にもなります。

自然乾燥でなんとかなるだろうと思っていても、なかなか乾かないのがスーツの生地。雨で水分を含むと、生地が重くなり、それが型崩れの原因になることも。ドライヤーやアイロンがめんどくさい!という場合でも、タオルなどで、水分を取るようにしましょう。

雨に濡れたらすぐに、水滴をはたきます。手を使うよりも、タオルだと水を吸い取ってくれるのでおすすめです。ゴシゴシ拭き取るのは絶対にやめましょう。

帰宅してまずすべきなのは、濡れたスーツを乾かすことです。濡れた部分を、乾いたタオルで軽く押さえるように水気を取っていく。最も濡れやすいスラックスの裾は特に入念に行いましょう。

③ズボンを裏返して干す

びしょ濡れになってしまった場合は、パンツハンガーや洗濯バサミを使って筒状に干すと、乾きが早くなります。

ズボンは、裏地に水分が溜まりやすくなっています。素材によっては乾きにくいものもあるでしょう。裏返して干すことで、乾きが早くなり、翌日にスーツを着ることができる状態にすることができます。

1