患者は無症状で退院しましたが、自宅に帰るとなじみの音楽が分からなくなっていることに気付きました。何度も聞いていたレコードを聞いても何の曲か分からず、ケースを見て初めて慣れ親しんだ曲であることを知りました。

出典音楽はどのように脳に取り込まれるか。 | ON-KEN SCOPE 音楽×研究

脳卒中を起こし、回復して退院後に自身が「失音楽症」になってしまったと気付いた事例。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ある日突然、音楽がわからなくなる…『失音楽症』の恐怖

音楽を音楽と認識できなくなる「失音楽症」という病気があります。失語症と同じく高次脳機能障害のひとつであり、脳卒中や脳梗塞の後遺症として誰にでもなりうる症状でありながら、あまり研究の進んでいない「失音楽症」と、人間と音楽とのかかわりについて紹介します。

このまとめを見る