どうやら失音楽症の人はごく初期の情報処理のレベルでは音の違いをしっかり知覚しているものの、それを認識するための高次脳機能に問題がある

出典音痴の神経メカニズムを探る。 - 90番目の夜

つまり、失音楽症は失語症と同じように、高次脳機能障害であると考えられています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ある日突然、音楽がわからなくなる…『失音楽症』の恐怖

音楽を音楽と認識できなくなる「失音楽症」という病気があります。失語症と同じく高次脳機能障害のひとつであり、脳卒中や脳梗塞の後遺症として誰にでもなりうる症状でありながら、あまり研究の進んでいない「失音楽症」と、人間と音楽とのかかわりについて紹介します。

このまとめを見る