1月に株価が上昇すれば年足は陽線、逆に陰線で終われば年足も陰線になりやすい。

つまり、1月の値動きがその年の方向性に大きく影響をおよぼす傾向が強い。

前へ 次へ