地球からみた水星が、年に3回(1回あたり3週間程)通常とは正反対の方向に動いて見える現象。

占星術の世界では、この期間をネガティブな事象としてとらえ、
トラブルが起こりやすく、情報通信機器類の故障が発生しやすいと言われており、
相場の世界でもこの影響が出やすい時期として認知されている。

逆行期間は、トレンドが発生することは稀で、レンジ相場になる可能性が高く、
比較的大きなレンジは、それに合わせた逆張りエントリーを多用する必要がある。

前へ 次へ