1. まとめトップ
  2. カラダ

結構、困る…お酒を飲むと「しゃっくり」が出る理由って何?

楽しくお酒を飲んでいたのに、突然、しゃっくりが出て止まらなくなる…。そんな経験ありませんか?意識していると余計に止まらなくなって焦りますよね。お酒を飲むとしゃっくりが出る原因と対策法をまとめてみました。

更新日: 2016年07月19日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 34501 view
お気に入り追加

▼お酒を飲むとしゃっくりが出て止まらなくなりませんか?

楽しくお酒を飲んでいたのに、突然、しゃっくりが出て止まらなくなる…。そんな経験ありませんか?

お酒を飲みすぎると、しゃっくりが出はじめて止まらなくなる

放っておくといつの間にか止まっていることも多いけれど、意識してしまうのか止まらないと焦る!

不意に始まるしゃっくり。呼吸が妨げられ、会話がままならなくなる上に、奇妙な音が出るせいでみっともない。

▼みんなも経験があるみたい…。

最近酒飲むとしゃっくり止まらんくなるから非常に迷惑だ

▼しゃっくりが出る仕組みって知ってる?

しゃっくりは、基本的に肺の下部にある横隔膜が痙攣することで起こります。

呼吸するのに大切な役割を果たしてる横隔膜になんらかの刺激でけいれんすることがあり、しゃっくりとは横隔膜のけいれんを指します

横隔膜が痙攣することで、声帯の付近の筋肉が縮んでしまいます。
狭い声帯を吐息が通るために「ひっく」という音がでる

□横隔膜の痙攣…でも、どうしてお酒を飲むと出るのだろう?

原因①タバコや食べ物(香辛料など)の刺激物によるもの。

お酒を飲みながらタバコ…吸いますよね。

タバコを吸うことによって、体内に大量の空気と煙が吸引されます。肺に入った空気や煙が横隔膜に痙攣を与えているため、
タバコを吸うとしゃっくりが出やすくなります。

実は、胃には非常に多くの神経が繋がっています。
暴飲暴食や、刺激物、油っこいものなどによって胃を刺激するとしゃっくりが出ます。

食べ物が喉に詰まった時、辛いものなどの刺激物を食べた時

原因②おしゃべり。

お酒を飲んでいる席は、人と話をしていることが多いですよね。笑ったり、怒ったりとしゃっくりが発生しやすい条件が整っています。

人と話をしながら食べものを食べると、
体内に大量の空気が取り込まれるために横隔膜が刺激されます。

アルコールを摂取しているときは、しゃっくりが発生しやすい

原因③急激な温度変化。

食べ過ぎや冷たいビールの一気飲み、お酒の飲みすぎなどで、胃腸をビックリさせていませんか?

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう