1. まとめトップ

いじめ誘発剤が充満してる日本の学校ーー 日米いじめ対策比較

日本でいじめが多発する原因を探る。日本と海外のいじめ対策

更新日: 2017年06月13日

6 お気に入り 33003 view
お気に入り追加

まず...

日本の学校は いじめを起こさせやすい「ホットスポット」が多い

いついじめが起こるか復習してみよう。1. 給食準備時間 掃除時間 2. 自習時間 3. 部活時間 4. 先生が来るまでの時間 5. 休み時間 放課後 6. 遠足 修学旅行 学校行事

出典waack.org

アメリカの中高は日本の大学の様に 生徒が先生の部屋に毎時間移動する。

アメリカの学校は教師が休んだ時などに生徒だけを教室においておくのは違法だ。必ず代行教員を雇わなければいけない。

休み時間が7分しかないのもいじめ防止のためらしい。

その上...

日本の生徒は一日中 同じクラスにいるので いやな子 をいじめたくなる。

日本ほど人間関係がタイトで、一つの空間に同じ集団が朝から夕方まで押し込められる例は他にはない

アメリカの場合いやな生徒がいても1時間しか一緒にいないので、すぐ忘れてしまいます。

サガさんは日米の交換留学生。私(真理先生)の生徒です。

「自由選択制」を導入すると、自分のことで精一杯になり、他人の小さなことにかまっていられなくなる。

そして. . .

日本の「いじめっ子」は いじめたらどんな罰を受けるか明確にされていない。

公立中学は生徒を退学させることができませんから、問題のある生徒は、殴りつけてでも従わせなければ、秩序を維持することができません

アメリカは退学させられた生徒の為の特別な教育システムが設けられている。(州による)

A)規則だけを提示 (日本式)
B)はじめに規則と違反した場合の罰則を提示(アメリカ式)

1)いじめを教員が発見 2)校長にすぐ報告 3)管理職による取調べなど 4)管理職が懲戒処分を決定。5)もう一度いじめをしたらどうなるかを警告

「土曜日学校」と言うのは非常によい罰則だと思う。生徒は土曜日は遊びたいので、悪い事はしたくない。と思うようだ。

いじめをしたらまず土曜日学校に。高校は義務教育なので退学者が行かされる特別な高校もある。

(フランスと)日本との大きな違いはいじめを犯罪と見なしている点

新入生いじめには98年から法律で罰金7500ユーロ(約75万円)、禁錮6カ月が科される。(フランス)

警察は子供がいじめていることを両親に書面で通知し、いじめが90日以内に再発生する場合は両親に114ドルの罰金を課すことができる。(アメリカのある町で)

アメリカでもこんな町ができたんだ。

たとえ 罰則があっても. . .

日本の文化は「今回だけは...」と大目に見てしまう傾向がある

校長は学校のガイドラインと目標にそって いじめとハラスメントの懲戒処分を公平に且つ首尾一貫して施行しなければならない。

米高校で、私に「私はFっきん Jぁっぷって言ってみ?」と絡んできた人がいて、大問題になった。その日の昼休みのうちに校長先生が私のケアのためにやってきて、言った人は3日間の停学になった。日本のようになぁなぁには、絶対されない。 twitter.com/mjtotoro/statu…

もっと 厄介な事に...

日本は いじめに関する「責任分担」まで曖昧

1 2 3





シリコンバレーよりライブ。公立高校の真理先生のブログを中心に海外教育システムのまとめ。ツイッターは@mjtotoro
人気ブログは「どうして日本の先生はそんなに忙しいの?アメリカの先生は今...」