1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

KYrockerさん

何だろう?よくわからないけど身体が不調・・・それって・・?

吹き出物が突如現れて・・・
妙に疲れやすくて 変に立ちくらみしたり・・・
でもそこまで体調悪くない ず~~~っとダルイ感じ

その体調不良は自律神経失調症かもしれない!

一般的に、5度以上の温度差がある場所の行き来が特に危険で、この温度の差に身体がついていくことが出来ずに、不調を引き起こしてしまうのです。

これはエアコンの部屋と外の行き来だけに限らず
昼夜の温度差でも毎日毎日続くと同じようになるようですね

朝・昼・夜の寒暖差が激しかったり、昨日暖かいかと思えば今日は寒い!…そんな季節の変わり目に起こる体調不良の一番の原因は、気温の乱高下による自律神経の乱れにあります。いわゆる「自律神経失調症」です。

自律神経には、日中や活動時に働く交感神経と夜間やリラックス時に働く副交感神経があります。この2つの神経は、体温・発汗の調整、呼吸、循環、代謝などを司っています。激しい寒暖差は、頻繁な体温・発汗の調整を余儀なくされます。そして、交感神経と副交感神経のバランスが崩れる「自律神経の乱れ」を引き起こすのです。

確かに変な汗出てメマイしました。。。

自律神経失調症の症状は多岐にわたります

(1)頭痛

一口に頭痛といっても、頭全体が痛いのか偏頭痛なのか、刺されるような痛みなのか締め付けられるような痛みなのか、人によりさまざまです。頭が重いと感じることもあります。

(2)肌荒れ

肌が乾燥しかゆみを伴ったり、ニキビができたり、敏感肌になったり…肌荒れの種類も多岐にわたります。自律神経が乱れると、汗が出ない、無駄に汗をかく、という症状が出ることがあります。発汗機能の異常が肌荒れを引き起こしている可能性もあります。

(3)めまい・耳鳴り

めまいや耳鳴りも代表的な症状のひとつです。酷い方だとメニエールを発症することも。まぶたがけいれんしたり、疲れ目の症状が治らなかったりします。耳鳴りや耳の聞こえが悪くなることもあります。

あ・・・これだ

(4)倦怠感・眠気

疲れやすく、常に疲れている。体がだるく力が入らない、体が重く感じられる。このような症状はありませんか?なかなか寝付けない、起きられない、眠りが浅いなどの症状もよく見られます。

(5)気分が落ち込む

気だるく、情緒不安定で憂鬱になります。細かいことにくよくよし、なかなか立ち直ることもできません。全てが面倒くさくやる気が起こらない。そしてそんな自分に自己嫌悪…という負のループに陥ることも。

(6)腹痛

胃痛や胃の不快感、腸の不調により下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群、ガスがたまる…腹痛の症状もさまざまです。腹痛だけでなく、口の痛みや渇き、唾液分泌異常、味覚障害、喉がつかえる、嘔吐する、過食・拒食など、消化器官などの異常も多く見られます。

間違いない!

自律神経失調症を感じたらどうしたらいいの??

なんとなく冷たく冷えた水をガバっと飲んだらまさかの立ちくらみ・・・
ダメってよく言われたけど身をもって体験しましたよ。。。

冷たい水分の摂りすぎは胃腸を冷やし、血管を収縮させます。このとき、身体は交感神経が働いて緊張状態になり、体温調節機能としての発汗作用は低下してしまいます。
さらに、交感神経が刺激されている間は、胃腸の消化吸収の働きが鈍る上、血液の循環も悪くなる為、全身の細胞に必要な栄養や酸素がうまくいきわたらず、老廃物も溜まりやすくなります。そうなれば、全身の活力は低下して、ますます疲れを蓄積させることになってしまいます。

こうやって理論で書かれるとなっとくですね

では対策!

(1)いつもより多めの睡眠

免疫力を上げるためには睡眠が最も重要。睡眠中は副交感神経が優位に働き、体や心の疲れを癒やします。

(2)生活のリズムを整える

規則正しく寝起きし、できるだけ決まった時間に食事を摂るようにしましょう。生活のリズム、すなわち体内時計を整えることで、交感神経と副交感神経のバランスが取れるようになります。

(3)リラックスタイムを設ける

ぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、照明を落とした部屋で静かな音楽を聴いたり…体と心をリラックスさせることで、副交感神経が優位に働くようになります。

(4)運動する習慣をつける

1日5分から、ストレッチでも構いません。毎日少しずつでも運動するようにしましょう。かといって、急に激しい運動をはじめるのは逆効果。無理のない範囲で、生活に運動を取り入れてみてください。

(5)栄養バランスに配慮する

ビタミン、ミネラル、カルシウムなどは自律神経を整えます。偏った食事はNG!きちんと3食、栄養バランスの取れた食事を摂るよう心がけてください。

この5つ以外にも、気のおけない友達と遊んだり、趣味を楽しんだり…と、自分の好きな方法でストレスを発散することも大切です。また、気温の変化には、カーディガンなど衣類で調整できるよう予め準備しておくとよいでしょう。そして、体調を崩してしまったときはしっかり休養!無理は禁物ですよ。

自分なりのリラックス方法を見つけるしかないよね

書かれると当たり前だけど
それがなかなか出来ないんだよね~~。
なるべく階段使っていい汗かきつつ 冷たいジュース禁止にして
コーヒーの香りでも楽しみつつリラックスが私にはあっているかな?

1