1202年にフィボナッチが発行した『算盤の書』(Liber Abaci) に記載されたことで「フィボナッチ数」と呼ばれているが、それ以前にもインドの音楽家であるヘマチャンドラ (Hemachandra) が和音の研究により発見し、書物に記したことが判明している。

出典フィボナッチ数 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【神秘】数学美 フィボナッチ数列

「研究とは神々のボードゲームを観戦する行為に似ている」

このまとめを見る