右向きのらせんと左向きのらせん、を数えて行くと・・・8、13である。
この数は、神秘の数列フィボナッチの要素なのだ

出典http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/labs/skondo/saibokogaku/fibonacchi.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【神秘】数学美 フィボナッチ数列

「研究とは神々のボードゲームを観戦する行為に似ている」

このまとめを見る