「フィボナッチ」は12~13世紀に実在したイタリアの数学者のこと。数列は、1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946, 17711, 28657... となり、どの項も、その前の2つの項の和となる。「フィボナッチ数列」は自然界に数多く存在し、例として「花の花弁の枚数が3枚、5枚、8枚、13枚のものが多い」・「ひまわりの種は螺旋状に21個、34個、55個、89個・・・と並ぶ。」などが挙げられる。

出典フィボナッチ数列(フィボナッチスウレツ)とは - コトバンク

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【神秘】数学美 フィボナッチ数列

「研究とは神々のボードゲームを観戦する行為に似ている」

このまとめを見る