出典 upload.wikimedia.org

レオナルド=フィボナッチ

レオナルド=フィボナッチ 1170年頃 - 1250年頃)は、中世で最も才能があったと評価されるイタリアの数学者。 本名はレオナルド・ダ・ピサ(ピサのレオナルド)という。フィボナッチは「ボナッチの息子」を意味する愛称だが、19世紀の数学史家リブリが誤って作った名前でもある。
フィボナッチは、近代では主に次のような業績で知られている。
13世紀初頭に、『算盤の書』の出版を通じてアラビア数字のシステムをヨーロッパに導入した。
自身で発見したわけではないが、『算盤の書』の中で例として紹介したことで、「フィボナッチ数列」に名前を残した。

この情報が含まれているまとめはこちら

【神秘】数学美 フィボナッチ数列

「研究とは神々のボードゲームを観戦する行為に似ている」

このまとめを見る