1. まとめトップ

疲れにくい脳を作れる! 集中力がUP!

人の脳は一日で決定・選択できる回数に限界がある事がわかった!

昔に比べ、情報が増えた為、現代人は脳が疲れやすい
環境になってしまっている。

メールの返信をどう返そうか・・・
どのサイトを見ようか・・・
どの服を着ていこうか・・・

マイクロソフト社の研究によると現代人の集中力は8秒しか続かないと言われている

Apple創業者スティーブ・ジョブズも
選択の回数を減らす為にいつも同じ服を着ていた

彼も毎日同じ服装を
することで意思決定を減らし、

出来るだけ脳を疲れさせないようにしています。

マインドフルネスは、
自分の身体や気持ち(気分)の状態に気づく力を育む
「こころのエクササイズ」です。
欧米では、すでにその効果について、
多くの実証的研究報告があり、
ストレス対処法の1つとして医療・教育・ビジネスの現場で実践されています。

2007年に「サーチ・インサイド・ユアセルフ」という「マインドフルネス」のプログラムを立ち上げ、これをきっかけにして、グーグルでは瞑想に興味を持つ社員が増え、今では5000人以上のグーグラーが瞑想を実践するという規模にまで成長しています。

マインドフルネスは、
免疫系の能力を高め、集中力を向上させ、
そして脳神経の結びつきを再構成するなど様々な効力があり、

ジムでバーベルを上げれば筋肉がつくように、
瞑想を実践すればするほど、
人間の心は強くなると言います。

マインドフルネスのやり方

1.瞑想する場所を選ぶ

2.自分に合った姿勢で瞑想を開始する

3.体、心、意識に集中しながら呼吸する(感じたことを言葉で繰り返すのも有効。ex:『音、音、音…』『飽きた、飽きた、飽きた…』)

4.呼吸法については1-3秒で吸い、5-8秒で吐く

5.最初は心や体を観察するのが大変なら呼吸の数をひたすら数えるのも有効

6.1日15分、少なくとも2週間は続ける

姿勢の悪さも脳を疲れさせる大きな原因!

この姿勢は
肺を無意識に潰してしまっていて

呼吸を浅くする原因になっていて
呼吸が浅くなると脳が疲れる原因になります。

腹式呼吸をさらに発展させた呼吸法で、

腹式呼吸によるリラックスや集中力だけではなく、
緊張を克服して
自信を持って行動するような
「腹をくくる」感覚を手に入れることができます。

セロトニン分泌による「ストレス耐性の向上」

「丹田呼吸法」を行うことで、脳内のセロトニンを増やすことができ、その結果として脳を活性化し、「ストレス耐性の向上」などの効果があると言われています。

なぜセロトニンが増えるかというと、セロトニンは反復性のあるリズム運動に対してスムーズに行うために働く性質があるからです。

姿勢を整える⇒呼吸を整える⇒心を整える

椅子に浅く座り、へその下に力を入れ方を上げて落とします。目は開けた状態でも閉じた状態でも良し。

3秒間かけて鼻から吸い2秒間止め、5秒かけて鼻から吐きます。
※吐く時間を長くすることで心身をリラックスさせる効果が期待できる。

呼吸に意識を集中させ

他のことを考えていることに気づいて

呼吸に意識を戻すようにする。

マインドフルネスを実践するとどうなる?

1 2





nicetrapさん

このまとめに参加する