1. まとめトップ
  2. 雑学

ライオンがハゲるて…動物たちのまさかの進化がちょっと心配

いつも熱くないのかなー?ッて思ってた雄ライオンのシンボル「たてがみ」。やっぱり暑かったらしいw

更新日: 2016年07月17日

nomorenomoreさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
63 お気に入り 138621 view
お気に入り追加

暑い地域の雄ライオンって

暑い場所ではオスのタテガミはマフラーのような働きをし、熱がこもり体から熱を発散出来ない

ライオンたちは進化の過程で長いたてがみを捨てたのです。

たてがみってかっこいいのに。。

ツァボのライオン。強烈な暑さから逃れるために、たてがみを捨てる。これも進化か。右が通常のライオンで左がツァボのライオン。 ウミイグアナ然り進化ってすごいなぁ。 #ダーウィンが来た pic.twitter.com/eJA1s3ZOjG

左が進化を遂げ、ふさふさのたてがみを捨てたライオン

主要な研究の結果によると、色の濃さが強いオスの証なのだそう

オスはたてがみで強いオスを見分けて無益な争いを避け、メスもたてがみの色で強い子孫を残すための相手を選んでいるのだそう。

黒いたてがみがモテるらしい

どうしたらたてがみ黒くなるかって言うと

これはアンドロゲンという男性ホルモンの働きによるものと考えられていて、この分泌が活発になればなるほど、黒っぽくたてがみが変質していくらしい。

戦いや障害に打ち勝ち、自分に自信が湧いた時に活発に分泌されるらしいΣ(゚Д゚)スゲー

温暖化の影響で動物が小さく

羊の平均体重は23年前と比べ5%減少している

ヒツジの平均体重は年間100gずつ減少しているとのこと。

温暖化により冬が短く穏やかになったことで以前のように生後数ヶ月のうちに大量の脂肪を蓄えなくても冬を乗り切ることができるように

また、小さいままで子孫を残せるようになったためドンドン小さくなっているらしい。

オーストラリアに生息する8種の鳥において、過去一世紀で約2~4%体が小さくなっていることが明らかになりました。

暖かくなって、小さい体でも生きていけるようになった為にダウンサイジングしたんだということ

水中に含まれる酸素の濃度は、温度が上昇するに従って低下する。

成魚になったときの最大体重が2050年まででは2000年と比較して14~24%減少する見込みであることが分かった。

地球温暖化で暑くなると動物は小さくなるらしい逆に寒いと大きくなるらしい

今まで、環境により進化した動物たち

ラクダのこぶの中には脂肪が入っています。ラクダは、体に必要な栄養を脂肪にかえて、あのこぶの中にためこんでいるのです。

砂漠などで、長い間食べ物を食べなくても生きていくためのしくみ

こぶとして体の1か所に脂肪を集めておくと、体全体に脂肪があるよりも、体の熱をにがすのに便利

砂漠暑いもんね

カンガルーは、水分をより蓄えるために汗腺をなくしてしまった。

カンガルーの仲間が手首などを舐めているところもしばしば見られるが、体温調整を行っていると考えられている

1 2





nomorenomoreさん