1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ぎん猫さん

睡眠には、日中のダメージを細胞レベルで修復し、ストレスを翌日に持ち込まないようにするためのリセット効果があります。

良質の睡眠をとることでストレスが減ってイライラ解消にもつながり、精神的な安定にも、とても良い影響があります。

睡眠を十分にとらないでいると、脳の機能が低下してストレスに弱くなり、また集中力がなくなって日常生活にも支障が生じてしまいます。

良質な睡眠をとる方法

1 夕方に軽い運動

人の体は、体温が十分に冷めていないと良質な睡眠を取ることができません。

夕方頃に適度な運動をして体を温めておくことで、就寝時間までに体内の熱を放出し、徐々に体温が冷めて適温になっていきます。

この「いちど温めた体が自然に冷める」というプロセスがないと、
眠るまでに体温が下がらないため、なかなか寝付けないのです。

2 夕食

胃に未消化の食べ物が残っていると、消化に負担がかかって眠りが浅くなります。

夕食はできるだけ睡眠の3時間前には済ませましょう。どうしてもそれ以降に食べる時は、できるだけ消化の良いものを。

■とるべきもの

乳製品には、睡眠ホルモン・メラトニンの分泌を促すトリプトファンが含まれています。
暖かいミルクやチーズなどを夕食のメニューに取り入れましょう。

■逆に控えるもの

・カフェイン

覚せい作用が強いため、よく眠れない人は夜遅くの飲用は控えたほうが良いでしょう。

・アルコール

「寝酒」として利用している方もいますが、アルコールを飲むと寝つきはよくなりますが、その一方で眠りを浅くしてしまい、翌日疲れやすくなります。

3 入浴

入浴を睡眠の1時間前までに済ませておくと、眠る頃には適度な体温に下がり、眠りに入りやすくなります。

副交感神経を優位にして良い睡眠を取るためには、お風呂は38度~40度くらいの、ぬるめの温度に設定しましょう。

■入浴時間

それを超えて無理に長風呂すると、交感神経が優位になり、寝つきが悪くなってしまいます。

4 休日は寝すぎない

1 2