1. まとめトップ

祝!初音ミクさん「題名のない音楽会」初出演!【7月24日放送】

7月24日の題名のない音楽会は「冨田勲の音楽会」先日逝去された富田勲さんの特集でした。そこに初音ミクさんが初出演しました!初音ミクってアイドル?ボカロって?というお父さんお母さん、題名のない音楽会見たことないという若い人たちのために両コンテンツをまとめてみました。

更新日: 2016年07月24日

4 お気に入り 7227 view
お気に入り追加

♪題名のない音楽会とは

クラシック音楽を中心にさまざまな分野の音楽を取り上げ、そのテーマとなる音楽の楽しみ方を解説することが番組の中心となる。

1964年8月 -

歴代司会者は黛敏郎、永六輔、武田鉄矢、羽田健太郎、佐渡裕

司会者の五嶋龍さん

アメリカ合衆国ニューヨーク出身のヴァイオリニスト。“Brian(ブライアン)”というミドルネームを持つ。母は五嶋節、姉(異父姉)はヴァイオリニストの五嶋みどり。

幼い頃から才能を発揮。ちなみに指揮は前司会者の佐渡裕さん

表題の冨田勲さんについて

作曲家、編曲家、シンセサイザー奏者。

1971年秋に日本で初めてMoog・シンセサイザーを購入し、以降、電子音楽の分野で世界的活躍を続ける。

「イーハトーヴ交響曲」は、冨田が大オーケストラと合唱団を駆使して、宮沢賢治の世界を音で描く大作。さらに人気の初音ミ クがソリストとして登場するということもあり、一昨年11 月23 日に東京オペラシティで行われた世界初演は、演奏会が大 成功。そのライヴ録音が昨年1 月にコロムビアから発売

シンセサイザー奏者として世界的に有名ですが、作曲家としても「今日の料理」や「ジャングル大帝」などなど、耳なじみの曲を作曲されています。

冨田勲、イーハトーヴ交響曲ドキュメンタリー番組。高校の時、冨田さんのシンセサイザーアルバムが大好きだった。それから30年たってこの交響曲と出会った時、冨田さんとは宮沢賢治と岩手の自然で繋がっていたんだと分かった。これ聴くと涙がとまらないんだよね… #etv

イーハトーヴ交響曲(2012年)は、冨田さん最後の交響曲になるのね。高齢で作曲出来るのはこれで最後に成るだろうという風に語っていますね。嬉しそうに初音ミクさんの事を話す冨田さんは子供のような目の輝きをしてますね。

♪コンテンツいろいろ

♪初音ミクとは

ヤマハの開発した音声合成システム「VOCALOID」に対応したボーカル音源

略してボカロ

初音 ミク(はつね ミク、HATSUNE MIKU)は、クリプトン・フューチャー・メディアから発売されている音声合成・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源、およびそのキャラクターである。

「初音ミクV3」は、オリジナル「VOCALOID2 初音ミク」と、その追加音声「MIKU APPEND」から選抜した5つの歌声を磨き込んで収録したバーチャルシンガー・ソフトウェアです。 より表現豊かになった初音ミクが、ポップス、ダンス、ロックほか、どんなジャンルも、あなたの思うままに歌ってくれます。さらに次世代型ボーカルエディタ「Piapro Studio」を標準装備し、200種類以上の楽器を収録した音楽制作ソフトも付属するので、 ボーカルトラックから伴奏制作まで、「初音ミクV3」を手にしたその日からすぐに音楽づくりを楽しめます。

VOCALOIDはメロディーと歌詞を打ち込むだけで歌ってくれるヤマハが開発した歌声合成技術・ソフトウェアです。歌わせるのに必要なものはPC本体、VOCALOIDエディターと呼ばれるソフトウェア、歌声ライブラリ(歌声の種類)と呼ばれるソフトウェアの3点。

用語について

音声合成システムとは

人工的に人の声を合成するシステムです。
テキスト(文章)を様々な音声に変換します。

デスクトップミュージック(DTM)とは

DTMとは、DeskTop Music(デスクトップ・ミュージック)の略称です。
一昔前は、コンピューター・ミュージックと言われており、簡単に説明すると、パソコン等で音楽制作を行うことです。

1 2





おあつおあつおあつさん

頭の中にふとよぎったギモンをつかまえてまとめます。



  • 話題の動画をまとめよう