1. まとめトップ

永世ド定番 メンズファッションアイテム

長く普遍的に使える永世ド定番のメンズファッションアイテムをご紹介。ワードロープの定番として飽きの来ないデザイン、品質と価格の釣り合いがとれたアイテムをセレクトしました。

更新日: 2016年09月01日

edirockさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
57 お気に入り 42575 view
お気に入り追加

WOOLRICH (ウールリッチ) ARCTIC PARKA

創業179年を誇るアメリカ第2位のシェアを持つアウトドアブランド。
参考価格:102,600円

モダンなシルエットとなったWOOLRICH(ウールリッチ)のARCTIC PARKA。袖口はリブではなく内側をスナップボタンにすることでデザイン性が向上。フードがひっくり返らないように縫製した機能性もアップデートしています。オンオフ問わず活躍する万能の1着としてお勧めです。

FRED PERRY ポロシャツ

FRED PERRYは1952年、英国のテニスプレイヤーFrederick John Perryによって誕生。
ラコステと人気を二分する定番ポロシャツとなりました。

テニス界を引退した後にイギリス・ロンドンで「フレッドペリースポーツウェア社」を設立、柔らかで機能性が高いアイテムとして人気となったスウェットバンドはもちろん、ポロシャツも身体にフィットするシルエットが人気となりテニスプレイヤーのみならず一般の人にまで普及していきます。

ちなみに、ラコステ・ラルフローレンと共に、ポロシャツの三大ブランドと呼ばれる存在。
3つの中では一番若年層からの支持が多いブランドです♪

ラコステ ポロシャツ

すべてのポロシャツの原点はラコステのポロシャツ。

素材にはコットン100%のピケ(鹿の子)を使用。
通常は高級シャツ等に使われる繊維の長い綿を、細く紡ぎ2本引き揃えて編むことで、しなやかでありながらしっかりとした生地感を実現しています

染色についても厳しい基準を設けている。洗濯、汗、漂白剤、太陽光などに十分な耐性をもち、また無害であるように何回もテスト。そのうえで繊維の中心までしっかりと染料を染み込ませている。

最終的には乾燥後、樹脂を使った化学液による最終処理をおこなう。こうした工程を経ているからこそ、ラコステのポロシャツは色持ちに優れているのだ。参考までに、40度以上の温度での洗濯を避け、自然乾燥することで、その発色はより長持ちするはずである

GOOD WEAR ポケットTシャツ

肉厚で着応えのあるボディーは長く愛用でき、ちょっとやそっとじゃへこたれません。
さらにアメリカ製でアメリカコットンを使用し、着込む程に味が出て、独特の質感を楽しめます。

ブルックスブラザーズ ボタンダウンシャツ

ボタンダウンシャツを「発明」したのは、ブルックス・ブラザーズ。美しいロールを描く比較的大きな襟が特徴。ブルックス・ブラザーズでは、ポロカラーシャツと呼ぶ。

日本人体型に合う、エキストラスリムフィットがおすすめ。

インディビジュアライズドシャツ

最大の魅力は現在に残る良質のmade in USAであることです。
1インチ幅約(2.54cm)で25回のステッチングをスタンダードとしています。
BD(襟)の形、そしてBAND(台襟)の形は、ブルックッスのBDシャツ(ポロカラーシャツ)を作り続けた実績により得た技術、そしてBD(襟のロール感)、BAND(台襟)のスクエアーラインのデザインは他のシャツメーカーでは決して真似の出来ない傑作と言えるでしょう。

ジョンスメドレー

JOHN SMEDLEY'S SEA ISLAND COTTONと呼ばれるい最高級綿が使用され、シルクのような光沢と滑らかを持ちます。

世界最高峰のコットンとも言われるシーアイランドコットンを使ったカーディガンはまるでカシミアのような肌さわり。柔らかくて、すべすべです。タイト目シルエットが主流の昨今ですが、タイト過ぎず着心地も良し。とはいえ、昔のジョンスメと違い、今はスリムフィットがありますので、インポートだから緩すぎる、みたいなことは全くありません。

セントジェームス  ボーダーシャツ

ピカソも愛用したフレンチカジュアル不朽の定番。

コットンボーダーシャツは、100年以上にも及ぶ伝統を守り続け、その流行に左右されない不朽のスタイルと高い品質は世界中の人々に愛されています。

左腕のワンポイントロゴ。主張しすぎないロゴも永く使えるアイテムの特徴です。

オーシバル(ORCIVAL)

着心地が良く丈夫な生地感と、着回ししやすいベーシックなデザインで人気のある、フランスの代表的なマリンウエア・ブランド。
過去にはフランス海軍に制服を提供していたことで有名です。

ゆったり着るならセントジェームス。ジャストサイズでピッタリ着るならオーシバル。
生地の特徴としては、セントジェームスの方が肉厚でオーシバルは柔らかい生地のようです。
洗濯するとセントジェームスは縦方向に縮み、オーシバルは横方向に縮む傾向があるようです。

アニエスベー ボーダーシャツ

1 2 3





edirockさん