1. まとめトップ

上野の国立西洋美術館はなぜ世界遺産になったのか?

2016年7月17日に、トルコで開かれているユネスコの世界遺産委員会で、東京・上野の国立西洋美術館が世界文化遺産に登録されることが決まりました。しかし、なぜ国立西洋美術館が登録になったのか気になりますよね?その理由を見てみましょう!

更新日: 2018年05月03日

1 お気に入り 8531 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cockaさん

祝!世界遺産登録!

東京・上野の国立西洋美術館が世界文化遺産に登録されることが決まりました。

トルコ・イスタンブールで起きたクーデターのため、審議が遅れましたが、無事に登録となりました。

国立西洋美術館の世界遺産登録おめでとうございます! 美術館はやっぱり建物まで楽しまないとね!

上野の国立西洋美術館世界遺産か!いやあ~素晴らしいね。あそこはいい街だった将来住むなら上野かな?

国立西洋美術館とは?

国立西洋美術館は、東京都台東区の上野公園にある美術館。

近くには、東京国立博物館、国立科学博物館、東京都美術館 、上野の森美術館など、数々のアートに触れることのできる施設が並んでいます。
この上野公園一体は、「日本のルーブル」とも言われるスポットになっています。

国立西洋美術館はフランスとの国交回復の象徴として、昭和34年に東京・上野に完成

本館の設計は世界的建築家ル・コルビュジエ

国立西洋美術館には本館と新館があるが、本館を設計したのがル・コルビュジエという建築家。

どうして世界遺産に選ばれたのか?

ル・コルビュジエの作品だから

・・・ということなんです。

今回世界遺産に登録されるのは、上野の国立西洋美術館だけでなく、フランス、ドイツスイス、インドを含む7カ国の計17作品です。

ル・コルビュジェはどんな人物?

本名:シャルル・エドゥアール・ジャンヌレ (Charles Edouard Jeanneret)

20世紀を代表する近代建築の巨匠

コルビュジエは、「近代建築運動」と呼ばれる、20世紀以降の近代社会の現実に合った建築をつくろうとする運動を推進した人物です。

建築界のリーダーの一人として活動しただけでなく、絵画、版画、彫刻などの芸術作品の制作をはじめ、インテリアのデザインや執筆活動にも取り組み、数多くの作品を残しました

日本からは、前川國男、坂倉準三、吉阪隆正の3名がル・コルビュジエに師事し、「日本の3大弟子」として、帰国後、日本の近代建築に大きな功績を残しました。 国立西洋美術館の建設には、ル・コルビュジエが基本設計を行い、3人の弟子が実施設計を担当しました。その後もル・コルビュジエの影響を受けた建築家は数知れず、また多くのコルビュジエ・ファンに愛され続けている。

忘れてはいけないのは地元の努力

本当に長い道のりだった。地域の皆さんや行政などが一つになって積み上げてきた結果だと思う

台東区の服部征夫区長

周りの景観も含めて審査されるようです。区や区民の方の努力なしでは、今回の登録はなかったですね。

アクセス・概要

住所 : 〒110-0007 東京都台東区上野公園7番7号

開館時間 : 午前9時30分~午後5時30分(毎週金曜日は午前9時30分~午後8時)

休館日 : 毎週月曜日(※ただし、月曜日が祝日又は祝日の振替休日となる場合は開館し、翌日の火曜日が休館)

無料観覧日 : 毎月の第2、第4土曜日、文化の日(※常設展示のみ無料)

常設展観覧料:一般430円、大学生130円

JR上野駅下車(公園口出口)徒歩1分
京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅下車 徒歩8分

ル・コルビュジェの建造物はコチラ!

1