1. まとめトップ

柳井正と孫正義に共通する「原体験」と「失敗力」

韓国で大富豪になるためには「金のスプーン」が必要とされるが、日本は違う。ただし、大きな成功を得るために、通り過ぎなければならない「道」がある。

更新日: 2016年07月18日

1 お気に入り 2073 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

孔明0530さん

サラリーマン社長では長者番付に現れない

ランキングの上位者の顔ぶれを見るとわかるように、日本の大金持ちの大半は自分で起業して成功を収めた「創業者」である。サラリーマン社長でランクインした者はない。そしてついで多いのが継承者。一代で財を成した成功者の子孫である。豊田章男は後者に当たるが、残念ながらトヨタでは創業者一族が保有する自社株は、一族合わせて7%。ランキング1位の柳井正個人の自社株保有率は21%、2位孫正義は19%と比べるべくもない。

ちなみに、世界一のビル・ゲイツの資産のほとんどは自社株評価額とされる点からも、ビリオネアになるための条件のひとつは「創業者たれ」であると言っていい。

だが日本ではそれが簡単ではない。何しろ大卒就職率が日本ほど高い国はそう多くないからだ。2015年に文部科学省が調査した結果によると、15年春に約56万4,000人が大学を卒業し、その72.6%にあたる約40万9,000人が就職したという。

この数字の異常さは、他国と比べると際立つ。米誌「ビジネスウィーク」(10年6月7日号)の調査によると、アメリカの就職率は24.4%、イギリスでは15%、中国で70%なのに対し、日本は91.8%だった。

そもそも日米では起業する者の絶対数が圧倒的に違う。日本では毎年約12万社の法人が新設されているのに対し、アメリカでは毎月約55万社が設立され、1,440万人がそのチャレンジに関わっている。アメリカの労働人口の7%弱に当たる数字だという。実際、起業大国アメリカでは、一流大学のビジネススクールを出た者で大企業に就職する例は極めてまれだ。大半が自分で起業するか、面白そうなベンチャー企業に参加する。

ではそんな環境で、柳井や孫はなぜ創業者たることが可能だったのか。

Make Mistakes Early(早く失敗をせよ)

実は、柳井正と孫正義には共通の「原体験」がある。柳井は幼いときから父親に「何でも一番になれ」と叱咤されて過ごしたという。一方の孫も子供のころから父親に「日本一の男になれ」と繰り返し言われ続けた。就職したらトップになるどころか一番の下っ端からのスタートになる。彼らが事業を起こそうと考えるのは当然だったのかもしれない。

2人の共通項を探っていくと、それは起業後にも表れる。それは「失敗力」だ。

自ら「1勝9敗だからひとつの成功に深みが生まれる」と言う柳井は、実は失敗の名人でもある。例えば、爆発的なフリースブームの跡に訪れた減収減益の時代にオーガニック野菜を販売する「エフアール・フーズ」を手がけたが失敗し、すぐに撤退している。失敗なら孫も負けてはいない。ITバブルがはじけた直後、ソフトバンクの株価は100分の1にまで下落した。そんな折、アメリカのITニュースサイトに500億円超を投資して大失敗、すぐに撤退を余儀なくされた。

そんな彼らの経歴から学べることは何か。くだけた言葉でいえば、「チャレンジしなけりゃ始まらない。リスクをとらねば報われない」という、言い尽くされた言葉に立ち返る。

ランキング5位の三木谷浩史はかつて講演でこんなことを話したことがある。

出典dime.jp

「楽天を創業する前、私はパソコン教師、地ビールなどなど200も300も新しい事業を考え、その中のいくつかをやってみたが、皆駄目になりやめた。米国で言うMake Mistake Early(早く失敗をせよ)に徹しないといけない。それを経て、成功のパターンが出てくるのです」

リスクを犯してチャレンジする。この道を踏み外して、億万長者の道はない。

関連まとめ

1