1. まとめトップ

強すぎてむしろ危険!日本が誇る最強パワースポット≪文化遺産≫

掲載スポット:伊勢神宮(三重)/出雲大社(島根)/諏訪大社(長野)/戸隠神社(長野)/高野山(和歌山)/那智大社(和歌山)/鞍馬寺(京都)/天岩戸神社(宮崎)/出羽三山神社(山形)/春日大社(奈良)◆女子旅/スピリチュアル/国内旅行/運気

更新日: 2019年11月09日

578 お気に入り 2179785 view
お気に入り追加

魔王が降臨した京都最強のパワースポット

この鞍馬山には、今から650万年前に金星から神が降り立ったと言う伝説がある。
山全体に霊気の漂う鞍馬山は山岳信仰の地とされ、多くの修行者・霊能者が訪れた。

牛若丸伝説もさることながら、鞍馬山全体に点在する数々のお堂や杉の大木等自然と昔の技術の融合が素晴らしく、パワーが貰える。

天照皇大御神が隠れたとされる神社

原点回帰して迷いがなくなる。何かを決断する時や将来について考えたいときに訪れるとよい。社殿の前の「招霊(おがたま)の木」は幸運をもたらす。

実際訪れてみると普通の場所とは雰囲気は異なります。歩いている途中でも何か神聖なものを感じる場所です。

神仏習合の権現を祀る修験道の山

山形県庄内地方にひろがる月山頂上の月山神社、羽黒山頂上の出羽神社、湯殿山中腹の湯殿山神社の3つを合わせ通称「出羽三山(でわさんざん)神社」と呼ばれる。呼崇峻天皇の御子、蜂子皇子(能除太子)が開山したと伝えられ、約1400年の歴史を持つ、浄めの山

さすがに修験道の山らしく荘厳な雰囲気の杉林に覆われた羽黒山頂に巨大な神社が鎮座している。

平城京の守護と国民の繁栄を祈願

春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社で現在は神社本庁の別表神社

緑が多くとても気持ちがいいです!久しぶりの訪問ですが本当に心が洗われ癒されます!ぜひ一度お参り下さい。きっと何千年も信仰された理由が分かります

天孫降臨伝説が残る地

欽明天皇の時代、慶胤(けいいん)なる僧侶に命じて高千穂峰と火常峰の間に社殿が造られたのが始まりで実際の所は高千穂峰に対する山岳信仰から始まった神社と言われている。

雨の日に訪れました あたり一帯が霧に包まれており、神聖な雰囲気でした 境内も力強さを感じ、パワーをもらった気がしました

◆関連まとめ

1 2