1. まとめトップ

小学生のうちからやっておくべき体感トレーニング4選

綺麗な姿勢・運動能力向上・成長促進など体の基礎作りに適した小学生低学年からできる体幹トレーニングとは?体幹トレーニング初心者や運動不足、姿勢が気になる方にもオススメ。

更新日: 2016年07月23日

23 お気に入り 181197 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rankintubeさん

パソコン・スマホ・タブレットなどで姿勢がどんどん悪くなっている。

急増!ストレートネック予備軍!その頭痛や肩こりの原因はスマホかも!?

長時間スマートフォンを利用しつづけることで起こる、眼の症状(ドライアイなど)や頭痛や肩こり、手指の痛みなどの諸症状のことを、スマホ症候群といいます。

「スマホ肩」「パソコン老眼」にご用心

同じ姿勢を長時間続けることで、体にも目にも負担が

生活習慣(姿勢)で子供の運動能力が低下する

ゲームや勉強をする姿勢がスポーツに与える悪影響

体幹ってどこのこと?

人間の胴。人体の主要部分

出典http://www.weblio.jp/content/%E4%BD%93%E5%B9%B9

子供のうちから体幹を鍛えるとどんな効果が?

・姿勢がよくなる
・基礎体力の向上
・運動能力の向上
・集中力アップ
・成長促進
・疲れづらい体作り

※注:個人差があります。

小学生からやっておくべき体幹トレーニングの注意点

・正しいフォーム[!重要]
・呼吸をし続ける[!重要]
・無理をしない(たくさんやればいいというものではない)
・どんどん失敗させる(最初はできなくて当たり前)

でわ早速やってみよう!

1.うつ伏せで寝て、背骨を「立っている時のいい姿勢」を意識した状態にします。

2.両膝を肩幅に開きます。

3.肘は肩の真下へ。

4.膝をつけた状態でお腹を浮かします

[効果]
腹筋・背筋引き締め 腰痛 新陳代謝増進 姿勢がよくなる

[注意点]
身体は直線を心がけること。お尻が落ちたり、腰が反らないようにしましょう。
視線は地面を見るようにしましょう。
キョロキョロしてしまうとバランスが悪くなり、軸が保たれなくなります。

1.まず横に寝ます。

2.膝を揃えて90°に曲げ、肘は肩の真下になるようにします。

3.腰を浮かし、頭から背骨全てが一直線になるように腰を浮かします。

[効果]
横の腹筋・お尻周りの引き締め 横方向への動きのバランスがよくなる

[注意点]
顔は正面を見るようにしましょう。

1.自然な状態で手を地面に置き仰向けに寝ます。

2.肩幅に足を広げます。

3.肩甲骨を支点に、太ももとお腹の筋肉を使い、肩から膝までが一直線になるように骨盤を浮かします。

[効果]
背筋・お尻周り・太もも裏が引き締まる 新陳代謝増進 姿勢がよくなる

[注意点]
お尻を下げてしまいがちになりますので注意しましょう。また上げすぎも良くないのでしっかり見てあげましょう。

1.まっすぐ立った状態から右手を高くあげます。

2.それから右ひじと左ひざをくっつけて3秒静止します。

3.今度は左手を高くあげます。

4.左ひじと右ひざをくっつけて3秒静止します。

5.各10回やってみましょう。

[効果]
お腹周りの引き締め バランス感覚向上 集中力アップ 運動能力アップ

[注意点]
肘をつけにいくときに上体を倒すのではなく、お腹を意識して丸め込むようにしましょう。
常に腰よりも膝を上に上げるイメージでやってみましょう
フラフラしてしまう場合は軸足を少し曲げてみても大丈夫です。

1周したら少し休んでもう1回!

お父さん、お母さんも一緒にやってみましょう。

1