1. まとめトップ

さくら那須モータースクールまとめ

栃木県公安委員会指定自動車教習所さくら那須モータースクールのまとめです

更新日: 2016年07月19日

seishirou33さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 516 view
お気に入り追加

自動車教習所さくら那須モータースクール

平成19年にパイオニア氏家自動車教習所からさくら那須モータースクールへ改名した、合宿免許を行っている自動車学校です。国産車マツダアクセラを40台を使い自動車教習を行うため、車を運転しやすく、自動車運転が上手くなりやすいです。

合宿免許とは

読んで字のごとく、合宿所で寝起きしつつ免許取得のための集中講座や実技を受けるタイプの、教習所のメニューです。合宿と言う言葉から連想される運動部などの合宿と違って、教習所の施設に泊まってある一定の期間を他の雑事から解放されて、免許取得の勉強に集中すると言うコースです。今はどの教習所も、色々と勉強以外のちょっとした息抜きのための施設なども併設していますので、1日中勉強だけと言うものではありません。

さくら那須モータースクールで自動車運転免許取得するメリット

普通の講習に比べて短期間で免許への道が開けると言うことです。

普通に教習所に逝っていたのでは、1日せいぜい2・3時間の教習が合宿の場合フルに使えば倍の時間は勉強や講習に使えるわけですので、期間的にはかなり短縮できるわけです。何よりも集中力が段違いに上がりますので、その点でも大きく違ってきます。

最短では普通車ATなら14泊、MTなら16泊で自動車運転免許取得可能ですので、かなり早いことになりますね。

加えて、友達と一緒に免許を取ろうなどと思った場合、合宿所で一緒に勉強出来る楽しさもあります。人数が増えればグル割で5,000円割引になるので、結果普通に通うよりも安く済むと言ったことにもなります。

また新しい友人が出来ると言う可能性もあり、そういった社交面でも友人関係が広がってくれるのも特徴の一つでしょう。

合宿免許に持ってい行った方が良い物

大抵のものはどこでも購入できますので、最低限の物を用意すれば大丈夫です。

勿論盗難などの心配もありますので、大金は持って歩かないほうがいいですし、カードも1枚あれば充分です。何か緊急事態があった時に最低必要になるのはとりあえずお金ですので、最低でも2万円くらいは用意しておくとよろしいです。

ただ先に述べましたように盗難などが心配な場合、合宿所に指定されている宿泊施設を下見もしくはネットで地図を検索して、近くにコンビニや銀行のATMがあるかどうかをチェックしておけば、お金は最低限交通費くらいで後はキャッシュカードで下すことが出来ますのでチェックしておくことをお勧めします。

そして同じく、もしもの時の場合に健康保険証は必ず携帯してください。病気や事故が補償されていると言っても、やはり個人の健康保険証は手元にあったほうが、身分証明にもなりますので安心です。

着替えやその他は、現地で手に入るようでしたらあまり持って行かなくても大丈夫ですので、荷物は多くしないほうが面倒がありません。

とりあえずお金があれば不自由することのない世の中ですので、よほど山奥の合宿所でない限りは現金での買い物はどこでもできるはずです、とりあえず用意は怠りなくしましょう。
クレジットカードに関しては、場所によってはお店で使用できない場合もありますので、1枚くらい持っていけば充分です。

さくら那須モータースクールがオススメの人

普段は忙しいけれど、でも何とか長期の休みが取れないことも無いと言う社会人や、勿論長期の休みがとりやすい学生さんにはお勧めの合宿です。

加えて、ちょっと意外かもしれませんが主婦の皆さんにも実はお勧めのコースでもあるのです、何時も忙しく家で過ごしている主婦の方に、休暇も兼ねて合宿で免許取得と言うのも、家事に追われずに済んで集中して勉強出来るので、しかもそこそこ早く免許が取れますのでお勧めですね。家の場所の関係上どうしても、車が無いと買い物にも不便だったりする場合、いっそ主婦業のバケーションを兼ねて合宿免許で免許取得と言うのもよろしいと思われます。

また海外での仕事の多いビジネスマンの場合、海外では車が無いと特に欧米では不便ですので、そういった仕事に就職が決まった場合就職前にこのタイプを利用してみましょう。出来るだけ短期間で職場デビュー前に免許を取ってしまうと後々楽になりますので、こういう職業の就職前の方々にもお勧めですね。

1





seishirou33さん

20代の頃、自動車学校に努めておりましたので、その時の知識を役立てたまとめページを作成出来ればと思います。