1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

元日のうるう秒挿入が決定される…1秒を長くする影響は?SEが心配

世界の標準時を地球の自転に合わせるため2017年1月1日8時59分60秒の「うるう秒」の調整が行われます。一般的な影響や関連する事柄を紹介します。

更新日: 2016年07月19日

25 お気に入り 29845 view
お気に入り追加

2017年の1月1日は「うるう秒」で1秒長くなる

総務省の発表によれば、2017年1月1日(日)、1年6ケ月ぶりとなる「うるう秒」の調整が行われるとのこと。

午前8時59分59秒と9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入し、元日を1秒長くする。

つまり、大晦日のお祝いがほんの少し(1秒だけ)長くなるということだ。

そもそも「うるう秒」とは?

実はこのうるう秒での調整は1972年に始まりました。そのときには、それまでのズレを一気に10秒も直したそうですよ。

微妙に調整する意味はどこにあるの?

セシウム133 原子の遷移周波数を使い、数十万年に1秒ずれるだけの高精度な時計

地球が自転するスピードが日々僅かに変化しているため、徐々にずれができてしまいます。これを補正するために行われるのが「うるう秒」の調整

世界のソフトウェアおよびデバイスメーカーがうるう秒の挿入に応じてパッチやアップデートを計画できるよう注意喚起する狙いも

世界で一斉に行われるイベントに

「うるう秒」の調整を行うかについては、地球の回転の観測を行う国際機関で、フランスのパリにある「IERS」が決定。

グリニッジ天文台があるイギリスでは午前0時、日本では午前9時の直前

1秒を長くする影響はないのでしょうか?

テレビなどの家電への影響は全くなく、 時刻が自動的に補正されるようです。時計が1秒狂ってしまうこともなく、 ちゃんと、うるう秒をカウントしてくれる

しかし2012年のうるう秒挿入時には多くのサイトで…

2012年に行われた挿入の際にはインターネット上でバグが発生するなどの問題が起こりました。

「Firefox」のMozillaやレストランガイド「Yelp」「LinkedIn」「Gawker」などが、「うるう秒バグ」で障害を起こした

「mixi」で該当時間から約4時間ほどシステム障害が起きサイトにつながりにくくなった。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう