1. まとめトップ

場所も時間も関係ない!電話占いのまとめ

自分だけでは解決できない悩みや、これからのことがどうしても知りたい時、頼りになるものの一つが占いです。でも、住んでる場所や時間の都合上なかなか占い師さんのとこまで出向くことができない・・・そんな時に使ってほしいのが電話占いです。今回は電話占いについてまとめてみました。

更新日: 2016年07月22日

4 お気に入り 972 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

電話占いって??

自宅や携帯電話から時間を気にせず占い師に占ってもらえる占いの事である。自動音声ガイダンスにより占って欲しい占い師を自分で指名するサービスと、オペレーターが取り次ぎ、選んでもらった占い師から折り返し電話がかかってくるサービスの2種類がある。

電話占いの種類

電話占いと一口に言っても、占い師さんの数だけ占いがあります。
西洋式、東洋式、星を診るものにカードの暗示を読むもの・・・
ここでわずかですが、そんな占いの種類についてまとめてみます。

●西洋占星術

西洋占星術とは、紀元前2千年紀バビロニアで生まれた、星の動きと世の中の動きを照らし合わせて占う手法です。雑誌などで見かけるおひつじ座やおうし座といった星座を使って占います。ただ、よく見かける「12星座占い」は太陽だけを使った簡易なものです。西洋占星術の世界では太陽の他に月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星その他の小天体など多くの惑星を使用します。これらの惑星の配置を図にしたものを「ホロスコープ」といいます。長い歴史を持つ西洋占星術は質問をした瞬間のホロスコープを作り、そこから質問に対する答えを導く「ホラリー占星術」、何かをするのによい日時を導き出す「エレクション占星術」という技法など多数あり、色々な角度から、「自分の知りたい答え」を占うことができます

●九星気学

九星気学(方位学とも呼びます)は中国に古くから伝わる五行や方位学の思想を元に日本で生まれた占術です。大自然から受ける気の影響を「九星」と「干支」、「五行」を組み合わせたもので占います。九星は生まれた年によって、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星という九つの星に分けて性格や運勢を占います。五行は全ての関係性を分類し説明する五元素(木火土金水)で説明します。九星気学は、生まれ持った運命を占えるのはもちろんですが、良い運気を呼び込むためにはどう行動するべきなのか、どんなものを持ち歩くと開運するのか、と積極的に開運できることが特徴で、「動の運命学」とも言われます。

●四柱推命

四柱推命は中国で古くから伝わるもので、約2700年前まで遡り、戦争の勝ち負けを予見することに使っていたと言われてます。占い方は、その人の生まれた生年月日時を、それぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」という4つの柱に表し、文字通り、その4つの「柱」によって、その人の「運命」の流れを読む占いです。それぞれの「柱」は、十干と十二支と、蔵干、十二運といった文字に置き換えられ、性格や運命を占います。「十二支」はよく知られている、子・丑・寅・卯…という十二支です。「十干」はなじみが薄いですが、甲・乙・丙・丁…というもので、空間の気を表します。この2つを掛け合わせた60干支のサイクルを使って占うものです。自分が生まれ持った運命はもちろん、相性や人生の運気の大きな流れ、適職や恋愛癖などありとあらゆる事を占えます。

●タロット占い

タロットは、大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、小アルカナと呼ばれる数字カードの56枚を合わせた78枚のカードを使った比較的近代に発展した占いの手法です。占う内容に応じてカードを配置し、過去・現在・未来などを占います。大アルカナカードには、22の絵柄のカードがあり、個性あふれる人物の絵や、運命の輪、吊し人、審判などの不可思議なシンボルが描かれています。56枚の小アルカナカードは杖、聖杯、剣、コインの4種類の組み札に分かれています。他の占いの手法と比べ読み手の感性に委ねられている領域が広く、心の機微に沿って繊細に占う事が可能。特に、右か左か道に悩んだ時、恋人とのケンカ、告白のタイミング、他人の気持ちなど心の引っ掛かりを解消したい時に最適な占術です。

●血液型占い

血液型占いは、他の占いと比較すると非常に新しい占いです。血液型別に4パターンに性格を分類する方法が日本の書籍やテレビなどのメディアを通じて世間に広まり、それを発端に恋愛の相性や日々の運勢などが加わって、血液型占いが誕生しました。世界ではまだあまり認知されていない血液型占いですが、分類が4種類ということでそれぞれの性格を体感的に覚えやすいこともあって日本での知名度はかなりものです。血液型別の性格傾向を知ることで、これまでの日常生活における「あの人はなんでこうなの?」といった疑問が明らかになり、他の血液型の人への一種の「誤解」が解け、接し方や対処方法を考える手段となるなどの効果があります。

電話占いの利点

続いては、占いの中でも電話占いを選択する利点、メリットを挙げてみたいと思います。

1.悩みが生じた時、すぐ鑑定してもらいやすい

「彼から連絡が急に来なくなった……」「転職しようか悩んでる」など、自分の行くべき道に迷ったら、すぐに占い師に相談できるのが電話占いの利点です。予約が必要な先生もいますが、電話という手軽さもあり、家にいながらでも会社の昼休みでも、その場で鑑定してもらえるのは便利。時間帯も深夜まで行っているところが多いので、時間を気にせず利用できます。

2.プライバシーの保護

駅ビルなどにある対面占いは、パーテーションで仕切られているだけで「隣の声がまる聞こえ」ということも少なくありません。それに比べて、電話占いでしたら完全プライベートです。周りの環境を気にせず、じっくりと相談に応じてもらえます。

3.電話越しという相談しやすい環境

1 2