卵巣機能が低下するに従って、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します。この突然の変化に体がついていけず起こるのが「更年期障害」と呼ばれる不調です

出典更年期・更年期障害とは?|命の母A|小林製薬

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

こんな症状まで!?関節痛や肌荒れも更年期障害の症状だった

更年期障害の症状といえばホットフラッシュや動悸などが有名ですが、関節痛や肌荒れなども症状の一つだということが分かっています。

このまとめを見る