1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

二桁連発もエース不在?夏ドラマ視聴率が話題になってる!

続々とスタートしている夏ドラマ!寺尾聰さん×話題のイケメンたちの「仰げば尊し」,北川景子さんのドS演技が話題の「家売るオンナ」,桐谷美玲さん×山崎賢人さん・三浦翔平さん・野村周平さんの月9「好きな人がいること」各作品二桁の視聴率!でも一方ではエース不在との声も?今後に期待を込めてまとめてみました。

更新日: 2016年07月21日

24 お気に入り 276469 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

critical_phyさん

ついに始まった夏ドラマ!もう何見るか決めました?

次々にスタートした夏ドラマ。コメディタッチの作品が競演しています。ぐいぐい視聴率を伸ばしていきそうな勢いのドラマもあれば、何だか空回り?しそうな気配のドラマもあって、これからの展開に興味津々。

「好きな人がいること」「せいせいするほど愛してる」「家売るオンナ」「時をかける少女」など、この夏も見逃せないドラマが盛りだくさん!

個人的には近年のドラマは視聴率は高くないものの、非常にストーリーが面白い作品が多く感じています。

こんな意見も…

気になるあの作品の初回視聴率はどうだったのでしょうか…?

期待のニューフェイスたちの話題作!「仰げば尊し」が好調なスタート!

神奈川県立野庭高校(1980年代当時)の弱小吹奏楽部に起こった実話『ブラバンキッズ・ラプソディー』『ブラバンキッズ・オデッセイ』(石川高子・著/三五館刊)に脚色を加えたオリジナル作品。

寺尾演じる熱血教師・樋熊迎一(こういち)が荒廃した高校の弱小吹奏楽部を立て直し“音楽の甲子園”を目指すストーリー。不良の生徒に殴られ、親に非難されるなど悩める日々でも、諦めず真正面から生徒にぶつかっていく。

メインの生徒役として、村上淳とUAを両親に持つ村上虹郎、千葉真一を父に持つ真剣佑、中野英雄の息子・太賀など注目の二世俳優をはじめ、北村匠海(DISH//)、佐野岳ら若手俳優がそろい踏み。

第一話が17日放送され、初回平均視聴率が11.4%だったことがわかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

樋熊の娘役は実力派女優の多部未華子で、樋熊と不良たちとの激しいバトルとは一転、親子愛あふれる癒しのシーンで登場。 大人から若者、さらに、役者・モデル・歌手といった、あらゆるジャンルからのキャスティングは視聴者層を選ばない布陣だ。

「次のスーパースターがいっぱいいる。みなさん、『次はこの人だ』と思いながら見ていただくといいんじゃないかと」

真剣佑くんと村上虹郎さんが麗しいで仰げば尊しを最終回まで視聴することに決めた

北川景子さんの新たな一面が見られる…「家売るオンナ」も高評価みたい!

東京オリンピックを4年後に控え、住宅売買の競争が激しく繰り広げられている東京を舞台に、「私に売れない家はない」とあらゆる手段を使ってでも家を売る、スーパー営業ウーマン三軒家万智の姿を描く物語。

大ベテランの仲村トオルさんの演技も楽しみですし、工藤阿須加さん、千葉雄大さん、さらにイモトアヤコさんなど個性的な役者さんも勢ぞろい。

北川は、どんな物件も売りさばくポーカーフェースな凄腕営業ウーマン・三軒家万智を演じ話題に。

「不条理で気難しく、恐ろしいけど、強くてデキるオトナ。 そういうオトナをドラマの主人公にしたいと、ずっと思っていました」といい、結婚後初ドラマとなる北川さんが“オトナのオンナ”をどう演じるか、注目。

7月13日から始まったドラマ「家売るオンナ」(日本テレビ系)の初回視聴率が12.4%だったことがわかった。

2015年に放送された『探偵の探偵』(フジテレビ系)でもまったく笑わないクールな役を演じるなど、近年の北川は勝ち気な女性役がハマると実証されている。その流れを考えると、今回の三軒家万智役が見事にハマっている。

北川景子が演じるやり手営業ウーマンを中心に展開する不動産会社の営業ストーリーに、「時代に切り込むドラマ」や「心が痛むシーンがある」など様々な声が寄せられている。

日本テレビ『家売るオンナ』第1話おもしろかった。伏線をていねいに張る、かっちりした作りで好きなパターンだ。北川景子の一見ロボット的な演技も、ドラマの雰囲気にマッチしている。

話題のイケメン勢揃い!「好きな人がいること」も話題になってます!

1 2