1. まとめトップ

ポケモンGOはもう古い!海外ではハリポタGOが話題

海外でヒットしているアプリポケモンGOをしのぐ話題が登場した。まさかの人気映画でしられるハリーポッターをゲーム化してほしいという署名運動だ。今後の進展に期待です。

更新日: 2016年07月19日

1 お気に入り 25292 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mousexmouseさん

■ハリーポッター

1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、ハリーの両親を殺害した張本人でもある強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの、因縁と戦いを描いた物語

『ハリー・ポッターシリーズ』(英:Harry Potter Series)は、イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学、ファンタジー小説。通称『ハリポタ』

■主要メンバー

ハリー・ジェームズ・ポッター(英: Harry James Potter)は、J・K・ローリングの小説ハリー・ポッターシリーズ、およびその派生作品に登場する架空の魔法使いである

ロナルド・ビリウス・ウィーズリー(英: Ronald Bilius "Ron" Weasley)は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズ、およびその派生作品に登場する架空の魔法使いである。

ハーマイオニー・ジーン・グレンジャー(英: Hermione Jean Granger)は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズ、およびその派生作品に登場する架空の魔女である

小説

全7巻からなる長編で、各巻の内容は相互に密接に関連している。作者のJ・K・ローリングは、インタビューで、プロットが重要なので力を注ぎ、「第1巻を書き上げる前に、全7巻のプロットができていた」と語っている

映画

2001年から8本のシリーズで公開された映画(2011年完結)もシリーズ世界歴代2位の興行収入と大きなヒットを記録。当初から全7巻の構想であり、最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の原書が2007年7月21日に発売され、完結した。

■世界中で人気になったハリーポッター

久しぶりのハリポタ✨ いい匂いにいい音楽雰囲気 もうまじ魔法界。

■今回話題になった記事は

世界中で爆発的な人気を博しているスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」に対抗して、映画化もされた人気小説「ハリー・ポッター」シリーズを題材にした「Harry Potter Go」を作ろうという動きが起こっているようだ。

ポケモンGOならぬ、ハリポタGOを作ろうぜ!ファンが署名

Pokemon GO」は位置情報を活用し、現実世界そのものを舞台にポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりする拡張現実(AR)型ゲーム

ヘドウィグ、ゲットだぜ!?実現するしないにせよ夢が広がりますね

署名サイト「Care2」で署名活動を開始したハリポタファンのアシュトン・ハノンさんは、それを魔法や7つの分霊箱に置き換えた「ハリポタ」バージョンのゲームを作れないかと考えたそう

その名も「Harry Potter Go」。まさに「Pokemon GO」をオマージュしたタイトルになっている。

現在署名欄には、4,413人が署名。SNSなどでは「Harry Potter Go はきっとくる」「(原作者の)J・K・ローリングがアナウンスしてくれることを待っている」

、「Pokemon GO」はオンラインゲーム・位置情報ゲーム「Ingress」をヒットさせたナイアンティックラボ(Niantic Inc)が開発したゲーム

署名サイトで5,000人の署名が集まった暁には、この企画を映画『ハリー・ポッター』シリーズを製作しているワーナー・ブラザースに持ち込むと主張している。

■Twitterではなにを捕まえるのかと疑問ww

ハリポタGOはちょっと違うやろ… トロールとか捕まえても嬉しくないで…

1 2