1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

行き先は地獄?天国?金という欲望に人生まで賭けてしまうギャンブル漫画

人の欲望は限りなし!それが破滅だと分かっていても突っ込んでしまうのがギャンブル。金だけではない。全てを失ってもプライド、地位、命を賭けてまでする勝負の行方は?無料で試し読みできるURLがある漫画にはリンクを入れているのでぜひ見てみてください!

更新日: 2016年07月31日

cv-vb2-koheiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 9932 view
お気に入り追加

それが危険と分かっていても無謀にも足を踏み入れる

原作 福本伸行
巻数 全13巻
題材 ギャンブル

主人公カイジは普段は何もしない、できない男だが勝負となるとまるで嗅覚が変わる。
しかしそれは破滅へと向かう道でしかないのに突っ込むことを恐れない。相手も予測不能!

賭博黙示録が1番面白いよね〜。怖気づいてるときに読むと活入る。Eカードしてみたい。#カイジ pic.twitter.com/pQv9lQGngC

@superstreetwiz 「賭博黙示録 カイジ」 頭がくらくらするほど面白い。純粋に面白い。ブックオフで二日に分けて立ち読みしてしまった上に買ってしまった。まだ読んでない人は羨ましい。もう読んだ人は星賭けて限定ジャンケンやろ~☆☆☆

全ての運を喰らってしまう化け物

麻雀で鳴き続けることは負けることの証。しかしそんな概念を根底から覆すかのようにその男は鳴き続ける。
鳴けば鳴くほど手は高くなり、相手もその心理を読むことができない。そんな未知の世界へ誘われる。

個人的には鳴き麻雀はあまり好きではないけど、哭きの竜は面白いよね。あんた、背中が煤けてるぜ…

哭きの竜読んだの3回目だけど、初めて読んだように面白い

@nage_pink 哭きの竜もオススメですよ。 後月下の棋士 麻雀と将棋の漫画ですが、ルール分からなくても面白い漫画だと思います。

その男に周囲が翻弄される

吸い込まれるように男の魅力、そして麻雀にたくさんの人間が群がる。
独特の打ち方は誰も真似をすることができない。唯一無二の存在であり、関わった人間に幸福など訪れない。

哭きの竜 外伝、面白いな。外田の息子まで出てくるのか!

哭きの竜外伝面白いね!アカギもむこうぶちも面白いけど、やっぱ竜だなあ。

哭きの竜は外伝も面白いな!ちょっと月下の棋士の味もあった!

実在する人物!激動のギャンブル時代を生き抜いた男

主人公、桜井章一は20年間無敗という誰もなし得たことのない偉業を裏の世界で果す。表の世界では知らない人間がほとんどだが、裏の世界の人間で知らない人間はいない。
その生きざま、数々の人間を打ち負かす腕、そこに誰もが憧れてしまう。実在するだけにリアルな描写にも注目。

@kanamesora 雀鬼の歴史、こんな感じですd.hatena.ne.jp/yomota258/2012… 雀鬼の公式ストーリーについては、「ショーイチ」(www47.atwiki.jp/mahjong_comic/…)を読むのが多分ベストです(麻雀漫画としても名作。洋上麻雀の話も入ってます) 

神田たけ志の「ショーイチ」全9巻を押入れから引っ張り出して昨夜から読んでいる。多少誇張はされているらしいが、桜井章一氏の人生はスケールがでかい。麻雀知ってる人にはぜひ一度読んでもらいたい。隠れた名作漫画。

青春時代の全てを麻雀にささげた男たち

親友が道は違えどめざすものは同じ。それは麻雀打ちの頂点。
決して楽には世界の頂点には立てない。時には金を、時には自らの体を差し出して勝負を展開する。
そこには親友と誓った約束があるからこそ続けていくだけの理由がある。

1 2 3





cv-vb2-koheiさん

漫画が大好きでたくさんの漫画を読んでいます。いろいろな漫画をジャンル別やタイトルに沿って紹介していきたいです。

このまとめに参加する