1. まとめトップ

AGAに悩んでいる方必見!プロペシア効果や副作用のまとめ

子供の付き添いで皮膚科に行くとAGAの大きなポスターが貼ってあります。ちょっと興味があったのでまとめてみました。

更新日: 2019年03月09日

2 お気に入り 6043 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mirei0000さん

AGAってなに?

病院に行くと目につくところに貼ってあるんです。
とっても気になってしまいます。

AGA(エージーエー)とは、特定の薬剤の名称や治療法のことでは ありません。「Androgenetic Alopecia」の略称で 「男性型脱毛症」のことをいいます。 薄毛や抜け毛に悩んでいる方、将来自分の頭髪に不安があると いう方をサポートし、生活習慣の改善まで含めてケアしていくこと が「AGA治療」です。

男性型脱毛症とは、男性ホルモンによって髪の毛がだんだんやわらかく、細く短くなって、少なくなっていく疾患のことです。額の生え際から薄毛になっていくタイプ、頭頂部から薄毛になっていくタイプ、この二つの混合タイプなどがあるようです。思春期以降に始まり、進行していきます(女性は稀)。

AGAの原因

AGAの原因は男性ホルモンとヘアサイクルの乱れ

プロペシアとは?

飲むお薬ということで副作用のところはきちんと把握してください。
このお薬元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されたそうです。
副作用として髪が増えるという効果が認められたために育毛剤として注目されるようになったそうです。
たしかストラテラも元々は鬱のために開発されたけれど…。というのを聞いたことがあります。
予想外の用途になるお薬はあるみたいですね。

プロペシアは、AGAの治療を施す、医療用医薬品としては効果と安全性が認められた、米国医薬品メーカー、メルク社が開発した世界で初めての医療用医薬品『飲む育毛剤』です。

プロペシアは、FDA(米食品医薬品局)認可の処方箋薬で98年1月21日より処方が開始されました。世界60ヶ国以上で販売されている、最強の「経口育毛剤」との呼び声が高いAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。国内でも2005年12月14日に万有製薬から発売が開始され、現在では13,000の医療機関で髪に悩む人に処方されています。

プロペシアは脱毛や薄げを防ぐ飲み薬。男性のAGAの原因は男性ホルモンですが、その男性ホルモンの生成を抑制して抜け毛や薄毛を防ぎます。元々プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として使用されていましたが、服用した患者から毛が生えてきたという現象の報告があり、育毛剤にも効果が期待できるとして研究されて開発された薬

「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類があります。剤形は円形で薄い赤色(ピンク色に近い)のフィルムコーティング剤です。

プロペシアの効果効能

プロペシアは飲み薬です。通常、男性成人に1日1錠(フィナステリド含有量0.2mg)を服用します。また、医師の判断で必要に応じて増量することがありますが、1日5錠が上限になっています。
※この薬は、食事のタイミングに関係なく服用することができます。

効果について、髪の毛が増えるという効果もあるようですが、どちらかというと現状を維持することが期待できます。全体的な本数が多くなるというよりも、抜け毛が少なくなったり、髪が細く短くなるのを防ぐために髪の毛が太く長くなることで、結果的に薄毛が目立たなくなるようです。

プロペシアは、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。これにより成長期が長くなり細くなった髪の毛にコシが出てきたり、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できるお薬です。

プロペシアの効き目は6ヶ月は必要

もちろん個人差もありますがじっと耐える期間です。
途中でやめたら意味がなくなってしまいます。

プロペシアの服用をはじめてからヘアサイクルに変化が起こりはじめ、効果が見られるまでの期間は、個人によって異なるものの、約6ヶ月かかります。
ただし、個人差はありますが、副作用がみられる場合もあるため、服用からしばらくは専門の医師に相談しながらの服用をお勧めします。

プロペシアの具体的な効果(臨床データ)

効果が期待できる方にはなかなか素晴らしい結果ですね

プロペシア®錠1mgを1年間投与した場合、個人差はあるものの改善がみられた方は58%、また、改善まではいかなかったものの、進行しなかった方の割合は98%にも及びます。

このデータで対象となっている男性は、「20歳以上50歳以下で脱毛症以外には心身ともに健康な男性」と比較的対象が若年層

プロペシア®錠1mgを3年間投与した場合、こちらも改善の個人差はあるものの、頭頂部では77.8%の方が、前頭部では71.7%の方に改善が認められています。また、改善まではいかなかったものの、進行しなかった方の割合は1年間投与した場合と同じく98%にも及びます。

このデータで対象となっている男性は、「20歳以上50歳以下で脱毛症以外には心身ともに健康な男性」と比較的対象が若年層

プロペシア1mgの1年間投与により40%、2年間で31%、3年間で20%の現状維持効果が認められております。改善効果及び維持効果を合算すると、プロペシア1mgは98%以上の方に効果のあるデータがございます。

データの対照が20歳以上50歳以下で脱毛症以外に心身ともに健康な中軽度までの男性型脱毛症(AGA)患者

すべての男性型脱毛症患者に有効なわけではないので注意

効果を発揮するのはAGAのみだそうです。
気を付けてください。
また現状維持までだった…。ということもあるので過度な期待は禁物です。

プロペシアはすべての男性型脱毛症患者に有効というわけではありません。
プロペシアが効果を発揮できる条件として、男性ホルモンに対して比較的敏感に反応して男性型脱毛症が発症している場合に限られる傾向があります。この男性ホルモンに対する感受性は、『アンドロゲンレセプター遺伝子のDNA検査』をすることによって調べることが可能です。

AGA以外にも様々なものがありますが、プロペシアが薄毛に対して効果を発揮するのは、AGAのみであり全体に髪が抜けるような女性型の脱毛や、ストレスなどによる円形脱毛症のような症状には、単独では効果はありません

ごく一握りの人には著名に効く薬ですが大部分の人には進行は止まるが、現状維持程度と考えた方がいい薬だということを認識してください。けっして安くはないお薬ですので過度の期待をしない、もしくはさせないという点が大事かと思います。

1 2 3