1. まとめトップ
0 お気に入り 9171 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tozainanbokuさん

1980年に勃発

チョコレート分離主義・ハンマー族・ビスケット派を中心とするきのこの山陣営と、チョコレート混合主義・ドリル族・クッキー派を中心とするたけのこの里陣営との間で戦われている日本国最大級の内戦。

1979年にたけのこの里が発足して以来、翌80年頃から小規模な派閥戦争が国内各地で頻発していたが、21世紀前後のインターネット普及により、戦火は瞬く間に日本全土へと拡大した。

きのこたけのこ戦争の歴史は深い、古事記にも書いてある

Twitterでも

きのこの山とたけのこの里ではきのこの山を選んだほうが得である。きのこの山のほうがチョコが多いからだ。たけのこ派に負けるな!

きのこたけのこ戦争、きのこの方が先なんだからその時点できのこの勝ちなんですよ、分かる?

たけのこ派だけどきのこのバナナ味だけはとても美味でした。たけのこ派だけど。

きのことたけのこ⁇たけのこに決まってるじゃないですか、ウケル。

ウッチャンナンチャンも参戦

ウッチャンナンチャンによる「きのこ党」「たけのこ党」選挙

2001年ウッチャンナンチャンがキャラクターとなり「きのこ党」と「たけのこ党」に分かれて人気投票が行われた。結果はたけのこ党の勝利に終わった。しかしきのこ派はこれらの結果に納得しておらず、依然として争う姿勢を崩していない。

Amazonでも

Amazon.co.jpは、「ヤスイイね対決!」と題して、2つの人気商品の売上を競う対決企画を11月2日から7日連続で開催。なかでも、永遠のライバルともいえるチョコスナック菓子「きのこの山」と「たけのこの里」の売上対決が話題となっている。

「スナック菓子対決」として、明治の「きのこの山」と「たけのこの里」が対決。10箱セットがカートに入れられた数で競い合ったところ、「たけのこの里」が勝利したのだ。

妹「きのこたけのこ戦争はAmazonの売上対決で決着がついたのにいつまでもきのこがしがみついてきてるだけだから(真顔)」

きのこたけのこはamazonが開催した戦争でたけのこが圧倒的大差で買ったでしょ

Amazonのきのこ・たけのこ戦争、たけのこ勝ったみたいね! 先輩さすがです。一生ついていくっす pic.twitter.com/qOgEIIFZqq

ゲームの中でも

「きのたけ合戦」は「きのこ軍」と「たけのこ軍」のどちらかを選んで太鼓の達人をプレイし、期間内により多くのスコアを獲得した軍が勝利するという企画

太鼓の達人のきのたけ戦争も参加しましたけどきのこで負けました

ここで再び、太鼓の達人版きのこたけのこ戦争の画像を見てみましょう pic.twitter.com/geRoCC1tdG

圧倒的w

任天堂のTVゲームソフト「スプラトゥーン」のイベントで、「あなたはどっち派? きのこの山 vs たけのこの里」と題して、ネット上で対抗戦が開かれることになった。発売元の明治が協力しているのが特徴だ。それぞれのチームに分かれてゲーム上の試合で勝敗つけるという。

スプラトゥーンのきのこたけのこ戦争でわかったのはタケノコは所詮数の暴力で少数精鋭のタケノコは圧倒的勝率 まあ勝ったのはタケノコなんですけどね(´^ω^`)ワロチ pic.twitter.com/tOBYcJNkli

1 2