1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

逆にNGでした…いつもの家事でやりすぎちゃうこと

よかれと思って…がんばってたのに。思わぬ影響が…。

更新日: 2016年07月21日

ヨタロウさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
585 お気に入り 406982 view
お気に入り追加

除菌・消臭アイテムに、頼りすぎてた…

長期間、洋服を洗わずにスプレーばかりですますと、そのうち汚れが酸化して、汚れを取れにくい成分に変化、繊維や染色を劣化させる

消臭剤をかけても、臭い物質が消えたわけではなく、臭いを感じなくなっているだけなので、定期的に洗濯などで洗い落とす必要がある

いずれの成分も、臭気成分を分子の中に収納するように閉じ込める。その後は、無臭の物体となったまま乾燥して床に落ちます

臭いを取り込んだ科学物質は、掃除しないと床に落ちたまま…。

除菌剤入りの消臭スプレーは、直接肌が触れることがなく、かつ臭いが発生しやすい下駄箱や、靴の中などに使う

使う目的と場所を見極めて。

掃除では、窓を閉めてホコリが舞い上がらないようにしてから、床に落ちてるハウスダストをそっとホコリを立てないようにして拭く

掃除にもコツがある。

最後に掃除機をかけ、その後で窓を開け、室内に舞っているホコリを外に出す

洗濯でも、やりがちだよね…

洗剤をたくさん入れると、かえって汚れが酷くなったり、石鹸かすが溶けきらずに、悪臭の原因になる

柔軟剤を入れ過ぎると吸水性が失われたり、肌触りが悪くなる、黒ずみを誘発する、次の洗濯から汚れが落ちにくくなることが

すすぎ用の水の量なんて自動でお任せで行っていることの方が多いと思います。となると、すすぎ不足が発生している可能性も

全自動洗濯機では、洗剤が適量で入れられている場合の水の量で、すすぎますから。

大学入って初めて洗濯機の掃除をしました。カビがえぐすぎて汚水すぎてひきました。これからは定期的に掃除したいと思います。 pic.twitter.com/oDso4oGs1q

実は、洗濯機の黒カビも…。

洗濯洗剤や柔軟剤は多く使いすぎていると、残った洗剤がカビの栄養分となり、カビが繁殖しやすくなる

洗剤の適量って、意味があったんだね…。

キッチン掃除の常識が、食中毒を招く…

食後の食器を10時間水につけ置きすると、ブドウ球菌・大腸菌の一種などの菌の数が約7万倍に増殖するとのこと

汚れは落ちやすくなるけど、食中毒になる可能性が高まるって。

つけ置きの場合は大量の水に洗剤を溶かしているため、除菌効果よりも細菌の増殖が上回ってしまいます

洗剤いれて漬け置きしとけば、完全に除菌されてると思い込んでた。

その後、洗いオケの水をシンクに流すと、増殖した大量の細菌が飛び散り台所周辺や他の食器に付着してしまう危険性もある

食中毒なったら意味ないじゃん…。

細菌が増殖を始めるのには1時間程度必要です。そこで、細菌が繁殖する前に食器を洗うことをお勧め

漬け置いた皿洗いは、1時間以内に。

水切りかごの下に洗い桶とスポンジを置いておけば、同時に熱湯消毒できる。まな板も同じように熱湯をかけると一瞬で消毒ができます

通常通りに洗った後、最後に熱湯をかければOK。

ウソだ…がんばってたトイレ掃除が

あまり強くこすり過ぎると便器に傷がつき、その部分に汚れが引っかかりやすくなってしまう

これじゃこするほど、黄ばんでいく一方に。

ガンコな黄ばみを、力まかせに落とそうとしちゃ逆効果。

ガンコな黄ばみは無理にこすらず、酸性洗剤などを使って上手に落としましょう

1 2





ヨタロウさん

アニメや漫画が大好きです!よろしくね♪

このまとめに参加する