1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

カツオノエボシとは

カツオノエボシは、クダクラゲ目に属する刺胞動物で、触手に非常に強い毒の刺胞を持っています。この刺胞に人が刺されると電気に打たれたような激痛が全身に走ることから、別名を「電気クラゲ」とも呼ばれ恐れられています。刺された人の死亡例も報告されています。
本州の太平洋沿岸にカツオが到来する頃、暖かい南風に吹き流されて日本沿岸に接近し始めることから、三浦半島や伊豆半島で「カツオノエボシ」と呼ばれるようになりました。

カツオノエボシの生態

カツオノエボシは世界中の暖かい海洋に生息し、時には1000個以上の大群になって海面に浮かんでいることがあります。独立した推進力を持たないので、波に乗って漂うか、気胞体(浮き袋)で風を受けて進みます。
カツオノエボシはクダクラゲ目に属する刺胞動物ですが、厳密にはクラゲではなくヒドロ虫の仲間です。1個体に見えるのは、実は多くのヒドロ虫が集まって形成された群体です。
烏帽子(エボシ)のように見える気胞体は、大きさ約10cmほどで透き通った青色をしています。気胞体から海面下に伸びる触手は平均10m程度、長いもので約50mにも達するというから驚きです。
触手には強い毒を持った刺胞があります。人が刺されると患部に激痛が走り、稀ではあるが死に至ることがあります。

青い風船の下に多くのひもがぶら下がったような形をしています。
カツオノエボシは、普段はこの長い触手にある刺胞で魚を刺して、殺して餌にしています。人が遊泳中にこの刺胞で刺されたら大変です。
人が刺されると、体中に電気が走ったと思うほどの激痛が全身を走り、刺された所が赤くミミズばれになります。ショックで死亡した例もあります。

カツオノエボシに刺されたら??

カツオノエボシの触手に触れると、表面にある細胞から小さな毒針が発射されます。この刺胞の発射は、カツオノエボシの意思とは無関係に、異物が触手に接触した刺激だけで行われるものです。したがって、たとえ触手が切り離されていたとしても、これに触ると刺されます。
カツオノエボシに刺されたときの応急処置はまず、幹部周辺に触手が付着しているときは、海水で洗い流して触手を除去します。
その後、氷や冷水で患部を冷やしながら病院に急ぎ、医療機関で治療を受けます。
カツオノエボシはハブクラゲやアカクラゲなどとは違う仲間です。クラゲに対して効果がある「酢をかける方法」は、カツオノエボシには効果がないばかりか、酢の刺激で余計に毒が出て逆効果になるようです。
また真水で洗うのもいけません。必ず海水で(こすらないように)洗い流してください。

1