(この画像は、運営者の判断により非表示にされています。)
  (木箱を背負った軍服の少年が死んでいる画像)

戦車への斬り込み攻撃

(クリックで拡大 死体の写真ですので注意)
背負っているのが、木箱に10キロの火薬を入れた急造の「爆雷」です。
 この子は戦車に到達する前に自動小銃で撃ち殺された。

 黒い無数の点はハエ。沖縄の5月はもう夏です。ハエがたかりウジがわいて、腐敗ガスで死体は膨れ上がる。兵隊や戦車が踏んで破裂し、5日もすれば泥の一部になった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【沖縄戦の真実】 「鉄血勤皇隊」の少年兵 ひめゆり部隊より過酷な学徒隊(沖縄戦の調べ学習)

(沖縄戦の調べ学習用)沖縄戦では 「鉄血勤皇隊」という学徒隊(少年兵部隊)が結成されました。14歳の中学生が兵隊にさせられました。爆弾を背負って戦車に突撃するなどの戦闘に参加させられ、約半数にあたる約900人が戦死しました。沖縄戦の調べ学習用に、できるだけ簡単な言葉で解説しています

このまとめを見る