沖縄修学旅行を前に沖縄戦についての調べ学習をされる中学生、高校生も多いことでしょう。
 ところが、あなたたちの祖父母ですら戦後生まれで戦争体験がないという時代になり、「戦争」とか「地上戦」と言われても、なかなか身近に考えることは難しいかもしれません。
 しかし、ここに登場してくるのは、あなたたちと同じ年頃の中学生です。
沖縄の中学生が、あなたたちと同じ年齢の頃にどのような運命に置かれたかを通して、沖縄戦の過酷さを知ってください。

 沖縄戦では 「鉄血勤皇隊」という学徒隊(少年兵部隊)がいました。
(沖縄でだけ)14歳の中学生たちが、爆弾を背負って戦車に突撃自爆していきました。

(以下には「えげつない表現」も含まれてます。しかし、ほかに表現のしようがないのです。それが戦争なのです。了承の上、お読みください)

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【沖縄戦の真実】 「鉄血勤皇隊」の少年兵 ひめゆり部隊より過酷な学徒隊(沖縄戦の調べ学習)

(沖縄戦の調べ学習用)沖縄戦では 「鉄血勤皇隊」という学徒隊(少年兵部隊)が結成されました。14歳の中学生が兵隊にさせられました。爆弾を背負って戦車に突撃するなどの戦闘に参加させられ、約半数にあたる約900人が戦死しました。沖縄戦の調べ学習用に、できるだけ簡単な言葉で解説しています

このまとめを見る