1. まとめトップ
  2. カラダ

テレビゲームで人間の能力はグンと上がるんだって!

テレビゲームって"頭が悪くなっちゃう"イメージを持っている人も居ますが、実は人間の潜在能力を上げる力を秘めているんです!

更新日: 2016年07月22日

simasima-uさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
224 お気に入り 67882 view
お気に入り追加

「マリオカート」はただのレースゲームじゃなかった!

マリオカートをプレイすると、現実世界でもドライバーの危険を回避する能力を向上させる

運転技術能力を向上させると研究者が提言した。

トレーニングにもなり「予測判断・危険回避能力」の向上に繋がる

物を投げる・当てる・当てられるなどの危険予測が、実際のドライビングにも大きく影響するそうです。

目が悪くなると言われちゃうゲームで、視力が回復するってスゴイ!

1日2時間「マリオカートDS」で遊んだ結果、ほぼ盲目だった状態から視力が250%改善

イギリスに住む6歳のベン・マイケルズくんは、生まれつきの弱視が回復。

ゲーム画面に集中することは眼球の運動を促す上で非常に効果的

見えやすい片目をアイパッチふさぎ、マリオカートをプレイ。

テトリスも「両目を強制的に動かすこと」で視力を回復させるそうです。

テトリスは「弱視」の症状改善にも効果的。ポイントは「両目を強制的に動かすこと」にある

両目を動かすことで弱い目は見る能力を学習することができるそうです!

巷でよく言われている「ゲームばかり遊んでいると目が悪くなる」についてですが、これは医学的にはまったく根拠はない

特に幼少期は、メガネでしっかりと矯正していればむしろ目の訓練になるそうです。

「アクションゲーム」は判断力がアップする

無双系のアクションゲームは、スカッとするだけじゃなかった。

アメリカのウィスコンシン大学の研究では、戦国無双などのアクションゲームをプレーすると、脳力アップすると実証

アクション系ゲームをした人の場合、正確さを失わずに決断するスピードが他者より25%早くなった

プレイヤーの脳は視覚や聴覚から効率的に情報を収集することができ、集めた情報量が判断を下す値に達するのが早い

FPS系のシューティングゲームは、頭使いますもんね。

『Call of Duty』のようなアクションゲームはプレイヤーの学習能力を向上させる

被験者たちに知覚学習テストをやってもらったところ、プレイしたほうが学習能力が上がった。

予期せぬ出来事にすばやく対応しつつ、ゲームの世界観を頭のなかで組み立てていく必要があるので、現実世界を生き抜くためのシミュレーションになる

戦略とアクションを考えながらやるFPSは、脳をフル活動させているってことですね。

遂にこんなのまで!ゲームで車の資格が取れる

FIA(国際自動車連盟)と組んで世界初の「デジタルライセンス」を発行

本物のモータースポーツライセンスと同等の価値を持つライセンスだそうです。

レーシングエチケットやレースで一定以上の成績をおさめる、スポーツマンシップポイントを獲得するといった条件を満たしたプレイヤーに取得権利が与えられる

ゲームのなかで運転で、ライセンスが貰えるって驚きですよね!

ゲームは生涯の趣味にしてもいいかも

社会人は、発想力や想像力を大きく高めてくれて、意外なアイデアがゲーム中に湧く

ゲームの色んな場面から、アイデアが浮かぶことが多いそうです。

健康な約70~80歳の被験者16人に、注意力や集中を向上させるように設計された運転ゲームを自で12時間プレイさせた。すると、訓練後には成績がおよそ50歳も若返った

高齢になれば、認知力が回復するらしい。

ゲームは決して“卒業”するような子どもの遊びではなく、末永く一生つきあえる娯楽

「大人だからテレビゲームはしない」なんて言わずに、好きなゲームをし続けたいですね。

メリットの反面、時間を奪われたり依存症というデメリッも。ゲームは時間を決めて楽しみましょう!

1





simasima-uさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう