1. まとめトップ

漫画などへの支援と規制とは正反対のベクトルだとは思えません!小池百合子側、明言!!

ヲタ票狙いで”アニメランド”なる構想を唐突に打出し非常に不評を買った小池氏。何振り構わずの媚びた態度が完全に見抜かれた格好となりました。何故、小池氏は若い世代から不評なのか?孤高のヒロインの筈が、何故、単なるヒールに成り下がってしまったのか?いまや”平成の妖怪”。その謎に迫りたいと思います。拡散RT

更新日: 2016年07月27日

1 お気に入り 10007 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

truth009さん

小池氏側「漫画などへの支援と規制とは、正反対のベクトルだとは思えません。目をそむけたくなるものも中にはあります」ソースあり!

今さ、都知事の演説?してて まあ都民じゃないから関係ないけど アニメランドなんてあほなもの作りません!!って桜井が

アニメランド構想とは「良い」アニメと「悪い」アニメを”仕分け”するのが本当の目的!?

小池百合子氏 秋葉原でアニメ公約 「東京全体をアニメランドに」 – ICNET news fb.me/8jrEKlt5Y

”シロアリ女王”と呼ばれる政治家の小池百合子氏。小池がこれまでに所属した政党は例外なくボロボロに朽ち果てて消滅している。

そして、その度に政党を渡り歩き、ご自身はちゃっかり生き残りを図っている御仁である。しかしながら、そのような態度が、自分が助かれば周囲はどうなっても構わない的な態度が日和見的であると評判でもある。

そんな小池氏がぶち上げた”アニメランド”なる構想ですが本人は、

「私は東京を文化の発信地にしていきます。コミケ開催地も出版社もその多くが東京にあるのです。東京都が総力を挙げて、コミケを応援します! 」

と言っています。
しかしながら、その真意を掘り下げてみると額面通りには受け取れない内容となっているようです。

その辺は身内である、おときた都議の発信から垣間見ることが出来そうです。

小池百合子候補は、

「表現規制派と言われることは極めて遺憾。創作活動は自由に、大いにやってもらいたいと思っている。私だってアニメは大好きで、毎年コスプレもしてる」

と一旦語ったそうですが、その真意を事務所に確かめると、

「ただその中には、あまりにも目に余るものがあることは事実。それが子どもたちに無制限に届くような状況には、何らかの対策が必要ではないか」というのが大筋のご意見でした。

という衝撃の回答が帰って来たそうです。

そして、おときた都議は、

「ボクの感想ですが、これは彼女の中心政策ではないんです。思い入れがあるとは感じていません」

とかなり見苦しい言い訳をなさっているが、アカン事を言ってしまった様子がありあり伺えるような展開でした。そして、もし、議会が冒頭解散となれば、この方は失職する公算が大きいのですww

健全、不健全のアニメ選別をして健全な物だけを支援する。

つき詰まるとアニメランドとはそう言う意味な訳ですが、当然、良い・悪いを判断するのは、行政側ということになります。

一体、誰が判断するの?

東京都知事サイドの”主観”によってアニメの”良・否”判別される!!

悪いと判断されたアニメは、その上映、陳列などを行政力によって厳しく制限され、最終的には発禁に追い込まれる訳ですが、良いと判断されたアニメはアニメランドなるシステムによって大いに支援して貰える

これがアニメランドなる枠組みの実態の様です。

しかも、これには、都民の”血税”が利用される訳です

これは公正の原則の面から見ても非常に問題がありますが、

”表現規制そのもの”と言っていいでしょう!

小池百合子氏はアニメランドと言う

”新しい表現規制の枠組み”

を公約として掲げた!

というのが実態ですね。

そして、小池氏の選対役員は、J-CASTニュースの取材に対し、次のように答えたそうです。

小池氏の選対役員は、J-CASTニュースの取材に対し、次のように答えた。

「・・・漫画などへの支援と規制とは、正反対のベクトルだとは思えません。目をそむけたくなるものも中にはあり、そこをどのように線引きするか議論が必要でしょうね」

引用元 J-CASTニュース

コスプレまでアニメの応援をアピールしていた小池氏ですが、その裏には表現規制と言う爆弾が隠れて居たのです!

これは弾圧される側もそうですが、支援を受ける側にとっても非常におせっかいな政策です。

ホントの”誰得?”としか言いようが無い愚策と言えるでしょう。

小池百合子氏よるアニメ弾圧の国会請願

児童買春・ポルノ禁止法の早期改正を国会に求める請願 (推薦)小池百合子

漫画・アニメ・ゲーム等、仮想の世界の表現にも目に余るもの存在し、断じて看過出来ない・・・そうです。

この請願は、イメージビデオやブルセラ誌のような、実在の少年少女だけでなく、漫画やアニメ・ゲームソフトといった二次元の架空の少年少女にまで規制を適用させようとするもの

出典J-CASTニュース

小池百合子氏の身辺と愉快な仲間たち

小池氏は小泉内閣での環境相のイメージが強いが、実態は日本の戦前回帰を目指す「日本会議」の副幹事長、在特会での講演活動などを行う極右議員。 今回は悲劇のヒロインを演じ同情票を集めようとしている。 #小池百合子 #東京都知事選挙 pic.twitter.com/cAI6cl4UYF

国民主権、基本的人権、平和主義を撤廃しよう!(24秒ら辺)by日本会議での法務大臣

小池百合子氏が副幹事長を務める日本会議とはこんなところです!!

1 2